• トップ
  • ニュース一覧
  • 「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2020年02月24日

チームに欠けていたバランサーを遠藤が担った

遠藤とシュツットガルトの岐路となったカールスルーエ戦。 (C) Getty Images

画像を見る

 ただし、このシステムの難しいところは、うわべだけのポジションチェンジでは、相手にとってもそこまで怖くはないという点だ。実際に、不用意にスペースを空けてしまうことで、不必要なボールロストから一気にチャンスを作られるというシーンも少なくなかった。

 そこで、ウォルター監督はテコ入れを決断。カールスルーエ戦で、初めて遠藤を先発で起用した。4-3-3のアンカーでプレーした遠藤は、中盤の底で攻守のバランスを取り、的確なポジショニングからの素早いアプローチで、1対1の強さをいかんなく発揮。そして正確なパスワークで攻撃の起点にもなった。

 遠藤は、監督の起用が正しかったことをピッチ上で証明した。この日の活躍で一気に先発ポジションを獲得すると、以降は連続出場。12月末にウォルター監督が退任し、ペッレグリーノマタラッツォ新監督に交代した後も、欠かすことのできない主力のひとりとなっている。

 チームに対する責任感は、試合を重ねることに身に着くものだ。19年の最終戦となったハノーファー戦は、2-2で引き分けた。前半に遠藤のミスが失点に繋がるという痛恨のプレーもあったが、本人は消極的になることを良しとはしない。ミスはミスと認めたうえで、次のプレーへと繋ぐことのできるだけの余裕が、遠藤にはある。

「アンカーで試合に出続けるのであれば、もっと守備にフォーカスして、できるだけ多くのカウンターの芽をつぶすことを意識すべきだと考えている。それに、攻撃時にあの位置からターンして前に繋げられるような、勇気を持ったプレーが大事。今日のようなミスがあっても、大事なのは続けていくことだと思う」

 アンカーとしてだけではない。2月7日に行なわれた第22節アウエ戦では、3バックの左CB、4バックの左CB、ダブルボランチの一枚と3つのポジションをこなし、どれも好パフォーマンスを披露。遠藤のクオリティーを、地元記者も絶賛していた。

 そこで印象的だった出来事がある。試合後のミックスゾーンで遠藤と話をしていると、別の選手をインタビュー中の『kicker』誌記者が、こちらをチラチラ見ながら気にしていた。僕が遠藤の話を聞いた後に話しかけようとしていたようだが、タイミングが合わなかったようだ。

 遠藤が去った後、彼は悔しそうに僕のところに来て、こう言った。

「彼は、今日素晴らしいプレーをしていたじゃないか。ぜひ話を聞きたかったんだけど、タイミングが合わなかったんだ。そちらの邪魔をしたくはなかったしね。良かったら、いくつか、エンドウが何を話していたか聞かせてくれないか?」
【関連記事】
「エンドウにはその価値がある!」シュツットガルトが遠藤航の買い取りへ動く。地元紙番記者も強烈プッシュ!
CBでフル出場した遠藤航、強豪レバークーゼンを相手に善戦! ファン投票ではチーム最高評価に
「クリスマスに会うという仲の良さ」「鎌田くんは全部…」遠藤航がベルギー日本人戦士の貴重な5ショットを投稿!
「カマダの圧巻ショー」「ザルツを手玉に」ELでハット達成の鎌田大地を現地紙が激賞! ブンデス公式からは思わぬ“イジり”が!?
「夢が現実になったら凄く嬉しい」怪我に悩まされた宮市亮、日本代表復帰への想いをドイツ紙に語る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ