軍事的プロバガンダか? トルコ代表の「軍隊式敬礼」問題がグリエーズマンに飛び火する事態に【現地発】

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2019年10月19日

過去のグリエーズマンの行動を掘り起こし…

グリエーズマンのW杯優勝時の行動を糾弾しはじめたトルコのスポーツ相。 (C) Getty Images

画像を見る

 EURO2020の主宰である欧州サッカー連盟(UEFA)も15日午後、「スポーツイベントを政治的挑発メッセージ流布に利用」したディシプリン違反の疑いで、今回の問題を調査する検査官を任命した。規則違反の結論が出た場合は、トルコ・サッカー連盟に罰金などの処分が下る可能性もある。

 これを受けてフランスのスポーツ相ロクサナ・マラシノヌは、試合がいい形で行なわれる努力した母国のサッカー連盟に感謝した後、「トルコ選手たちがこの努力を台無しにした」と批判、UEFAに対して「模範的処分」を要求した。

 さらに問題はこじれつつある。トルコ側が、2018年ワールドカップ表彰式でアントワーヌ・グリエーズマンがマクロン大統領に敬礼したことを挙げ、追及し始めたのだ。

 だが、グリエーズマンの敬礼は集団的行為でもなければ、プロパガンダの意図もない。個人的には好きではないが、要するに大統領を前にした「おどけ挨拶」だろう。何よりフランスが戦争を仕掛けてロシア人を殺傷していた事実はない。

 トルコの言い分は「軍隊敬礼は死んだトルコ兵の家族に捧げたもの」。ただ、フットボールの国際試合にそれを集団的に繰り返し持ち込めば、対立を煽る挑発的意図があったと見られても仕方がない。

 スポーツは、平和と中立との下でこそ楽しめる文化だ。試合では堂々と戦い、ゲームが終われば、互いを称え、交流し合うのがスポーツマン精神。ましてフットボールは、世界最大の人気と影響力を誇るスポーツである。政治や軍事プロパガンダの道具にしてはならない。

取材・文/結城麻里
text by Mari Yuuki

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ