「だから僕は確信した」久保建英はなぜバルサを蹴ってマドリーを選んだのか? スペイン紙のインタビューで明かす!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月18日

噂される「特別条項」については…

久保は、ここまで6試合に出場して1アシスト。マドリー戦で初ゴールを奪えば格好のアピールに。(C)Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 日本代表MF久保建英は今夏、FC東京を退団してレアル・マドリーと電撃契約を交わし、その後にマジョルカへとレンタル移籍を果たした。

 10月19日(日本時間20日)、マジョルカはそのマドリーをホームに迎える。久保にとっては「保有元」との特別な試合となる。

 スペイン紙『Marca』は、この一戦を前に久保の写真を一面に掲載し、大々的にインタビューを掲載した。
 
 まず、「日本のメッシ」と呼ばれていることに対しては、「メッシのような偉大なの選手と比較されて光栄ですが、彼のようになるには、まだまだたくさんやるべきことがあります」と答えた。

 続いて、バルセロナの下部組織時代の同僚で、今シーズンに大ブレイクした16歳のアンス・ファティについて訊かれると、次のように返答した。

「覚えています。エリック・ガルシア(現マンチェスター・シティ)などと一緒にプレーしました。僕がパスを出し、彼は得点しました。アンスや(カルレス)アレニャのようにカンテラ出身の選手がトップチームでプレーするのは、クラブにとって非常に良いことだと思います」

 そして、そのバルサやパリ・サンジェルマンなど、他のビッグクラブから関心があるなかで、マドリーを選んだことについては、「クラブのスポーツ面での目標、今後数年間のプロジェクト、そしてマドリーが僕の将来について考えてくれてことが心から気に入ったからです」と理由を語った。

 インタビュアーが「バルサのカンテラで育ったのに、マドリーと契約したのは驚きでした」と突っ込むと、「僕のキャリアのためのプランを見せてくれました。それで僕は確信しました」と返した。

 取り沙汰されていた「特別条項」についての質問もあった。「バルサにもマドリーにも2、3年目にトップチームでのプレーを保証する契約を求めたのは本当か?」と訊ねられると、「いいえ、そんな契約はありません。(トップでプレーできるかは)すべてはプレーヤー、つもりは僕次第です」と否定している。

 また、レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)に残るのではなく、マジョルカにレンタル移籍したことについては、「最終的に決定を下すのは選手だが、まずクラブとエージェントが話して、それがベストだと判断した」と語った。

 久保はマドリーを相手にどんなプレーを見せるのか。注目は高まるばかりだ。

【PHOTO】オフショットも満載! スペインで躍動する久保建英の厳選写真を一挙公開!

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ