【J1採点&寸評】名古屋 1-0 広島|ヒーローは決勝弾の前田!ただMOMに推したいのは…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年04月28日

広島――GK大迫は良い反応を見せる

【警告】名古屋=なし 広島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ランゲラック(名古屋)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
広島 5.5
前半は5バック気味で守り、プラン通り名古屋の強力攻撃陣を抑えていたが、37分に失点。後半は前に出るも1点が遠かった。
 
【広島|採点・寸評】
GK
38 大迫敬介 6
4分にはジョーの突破を食い止め、19分には好フィードでカウンターを発動。71分にはジョーのシュートを再びセーブするなど、1失点も悪い出来ではなかった。
 
DF
2 野上結貴 6
キャプテンマークを巻いて力強くプレー。縦パスの精度は上げたかったが、フィジカルを活かして名古屋の攻撃を撥ね返した。
 
5 吉野恭平 6
野上とともにジョーに対応。元セレソンFWによく付いていったが、1失点では満足はできないだろう。
 
 
19 佐々木翔 5.5
対人の強さはさすが。ただし名古屋の素早い攻撃に苦慮した印象で、失点シーンでもカバーが間に合わなかった。
 
MF
3 エミル・サロモンソン 5.581OUT
前半は自陣の低い位置で名古屋を迎え撃つも、失点の場面ではクロスをクリアし切れず。それでも後半はゴリゴリとした突破で右サイドからチャンスを作った。
 
40 川辺 駿 5.5
カウンター時には前線に飛び出し、ボールを呼び込んだ。もっともパスが味方と合わない場面があり、攻撃のリズムを作れたとは言い難かった。
 
17 松本泰志 5.566OUT
視野は広く、パスのアイデアは面白かった。が、そのパフォーマンスを好機にはつなげられず。66分に交代となった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ