浦和が3戦連続完封で5位浮上!攻撃陣が不発に終わった清水は3連勝ならず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

興梠は先制弾をお膳立て&ダメ押し弾の活躍!

浦和は3試合連続で完封勝利。堅実な守りで着実に勝点を積み上げている。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 2連勝中同士の一戦はアウェーチームに軍配が上がった。

 4月28日、J1・9節が各地で行なわれ、IAIスタジアムでは清水エスパルスと浦和レッズが相まみえた。
 
 清水は北川航也、鄭大世など好調を維持する2トップを前節に続いて先発で起用。一方の浦和は興梠慎三や武藤雄樹らをスタメンに並べ、今季初の3連勝を目指した。
 
 序盤から互いに中盤で潰し合い、一進一退の展開となる。球際でも激しくせめぎ合い、主導権は簡単に譲らない。2トップをシンプルに使う清水に対し、浦和はサイド攻撃を中心に攻め込むが、両者ともに決定的な場面を作り出せなかった。
 
 後半に入ると、浦和が丁寧なビルドアップで攻撃を組み立て、2列目の選手が積極的に高い位置を取る。55分には相手のプレスをいなしたエヴェルトンがミドルレンジからゴールを狙うなど、少しずつ攻撃にリズムが生まれる。
 
 対する清水は思うようにボールを運べず、苦戦を強いられる。その状況に対し、ヨンソン監督が動く。61分に鄭大世を下げ、ドウグラスをピッチに送り出した。だが、流れを変えるまでには至らない。68分には左サイドを駆け上がった松原后が右足でクロスを入れるが、決定機には繋がらなかった。
 
 その後も浦和のペースで試合は推移し、パスを回しながら相手の守備ブロックを崩しに掛かると、72分に均衡が破れる。

 山中亮輔が左CKからゴール前にアウトスイングのボールを供給。一度はDFに弾かれるものの、こぼれ球を拾った流れから興梠が左足でボレーシュート。GK六反勇治が掻き出すも、マウリシオが押し込んで浦和が敵地で先制に成功した。

 以降も押し気味に進めた浦和は終了間際に前掛かりになった相手の裏を突き、カウンターを発動。途中出場の汰木康也が右サイドを突破すると、最後は興梠がダメ押し弾。

 浦和は2-0で勝利を挙げ、5位に浮上した。対する清水は3試合ぶりに敗戦。今季3勝目は掴めなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ