久保建英がアシスト&PK奪取の活躍!松本撃破のFC東京、開幕から9戦無敗で首位キープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

前半終了間際に久保が一撃必殺のスルーパスで永井の得点をお膳立て!

久保(右)の絶妙なスルーパスから永井(中央)が決勝弾。チームは開幕からの無敗記録をさらに更新した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4月28日、J1・9節が各地で開催され、首位のFC東京は味の素スタジアムで松本山雅と対戦。永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラが奪ったゴールを守り切り、2-0で勝利を挙げた。


 無敗でトップを快走するFC東京はD・オリヴェイラ、永井らが先発出場。前節はコンディション不良でベンチ外となった久保建英も2試合ぶりにスタメンに復帰を果たした。一方で24日のルヴァンカップで左足を痛めて負傷交代した室屋成は欠場。代わりに左サイドバックの小川諒也が右に回り、左には太田宏介が起用された。
 
 試合は立ち上がりからFC東京のペース。中盤の底で高萩洋次郎らがボールを巧みに捌き、2列目の久保や東慶悟が積極的に仕掛けていった。ゴールはなかなか生まれなかったものの、前半終了間際に絶好機を掴む。
 

 44分、高い位置で渡辺剛がボールを奪うと、久保が左サイド前方に絶妙なスルーパスを供給。ここに走り込んだ永井は冷静にGKとの1対1を制し、チームに貴重な先制点をもたらした。
 
 迎えた後半もFC東京は攻勢を仕掛けると、59分に久保が魅せる。右サイドの深い位置でパスを受けると中央へ切れ込み、角度のないところから左足でコントロールショット。惜しくもこればポストを叩いたが、大いに観衆を沸かせた。

 すると、77分だ。こぼれ球を拾った久保がペナルティエリアに侵入。キレのあるドリブルでかわしにいくと、相手DFの橋内優也がファウルで止めてPKを獲得する。この絶好機をD・オリヴェイラが難なく決め、試合を決定付ける2点目を奪った。

 このまま逃げ切ったFC東京は2-0で松本を撃破。クラブ新記録の開幕9戦無敗となり、4連勝で首位の座もキープした。

 一方の松本は4試合ぶりの敗戦。得意のセットプレーもこの日は不発だった。

構成●サッカーダイジェストWEB編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ