磐田の名波監督が3連敗に沈痛な表情…「責任はすべて僕にある」「撥ね返すパワーがうちにはない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

前半にミス絡みで2失点し、後半の反撃も及ばず

名波監督は「自分たちの自陣でのミスから失点したり、セットプレーを与えてしまった」と前半の2失点を悔やんだ。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ9節]磐田1-2札幌/4月28日(日)/ヤマハ
 
 ジュビロ磐田が、今季初の3連敗を喫した。

 北海道コンサドーレ札幌のアンデルソン・ロペスと進藤亮佑にゴールを許し、前半で2失点。後半にアダイウトンのゴールで1点を返したが、反撃及ばず涙を飲んだ。

 しかも、リーグ5試合ぶりに戦列復帰したエースの川又堅碁が、再び負傷するアクシデントにも見舞われている。まさに泣きっ面に蜂の敗戦に、名波浩監督も堪えたようだ。
 
 試合後のフラッシュインタビューに応じた指揮官は、開口一番「厳しい結果だなと。責任はすべて僕にある」とコメント。敗因については、「立ち上がりの失点、そして前半終了間際の失点。時間帯もありますし、自分たちの自陣でのミスから失点したり、セットプレーを与えてしまった。前半の温度が低かったので2枚替えして何とかリズム・流れを変えたいと思っていましたが、1点じゃ足りないですよね」と沈痛な表情で振り返った。

 指揮官の言葉通り、川又を投入した後半は、このエースを目掛けたクロスでチャンスを作り、試合終盤にもアダイウトンや荒木大吾の仕掛けでゴールに迫った。しかし、2点目を奪い切るだけの力が今の磐田にはない。名波監督も「前半に先に失点してしまう。それを撥ね返すだけのパワーが今のうちにはない」と反省の言葉を並べ、「責任はすべて僕にあります」と繰り返してインタビューを締めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ