【J1採点&寸評】浦和1-1FC東京|MOMは劇的同点弾の森脇!絶妙スルーパスが光った久保の評価は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年03月30日

FC東京――東は最高のクロスで先制点をアシスト

【警告】浦和=なし FC東京=髙萩(69分)、D・オリヴェイラ(76分)
【退場】浦和=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】森脇良太(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
FC東京 6
前半はあまりボールを握れず、攻撃陣が停滞して苦戦気味。後半は久保のチャンスメイクからD・オリヴェイラが先制点を決めたが、最後の最後で追いつかれた。それでも浦和に飲み込まれなかった試合運びは評価に値しただろう。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5.5
43分にナイスセーブ。86分の山中のFKはクロスバーに救われたが、後半のアディショナルタイムに痛恨の失点を喫した。不運とはいえ、守り切れなかったという点で少し厳しめの採点に。
 
DF
2 室屋 成 5.5
49分に右サイドのクロスから好機を演出し、守備でも奮闘したものの、試合を通してのパフォーマンスはやや物足りなかったか。
 
3 森重真人
1対1の局面では冷静にボールを弾き返す。簡単に裏を取られることなく、チャン・ヒョンスとともに強固な壁を形成した。失点に関して責任はないだろう。
 
20 チャン・ヒョンス 6
押し込まれた時間帯も慌てずに対応。ミスらしいミスはなく、高い集中力で最終ラインを引き締めた。個人的な出来としては及第点と言える。
 
25 小川諒也 6
37分の左足クロスは精度、スピードとも十分。ただ、攻撃に顔を出すシーンは少なく、どちらかと言えば守備面での働きが光った。
 
MF
8 髙萩洋次郎 5.5
69分にイエローカードとプレーが乱れるシーンも。この日は前線と最終ラインを結ぶパイプ役になれず、もどかしさが残った印象も。
 
10 東 慶悟 6.5
左サイドで広範囲をカバー。相手ペースの時も耐え忍び、75分には最高のクロスからD・オリヴェイラのゴールを演出と大きな仕事をした。
 
18 橋本拳人 6.5
38分のボール奪取はさすがのひと言。代表デビューを飾った先のボリビア戦で自信を得たのか、56分のマルティノスとのバトルも一歩も譲らなかった。
 
39 大森晃太郎 5.5
今季リーグ戦で初スタメン。しかし、久保ほどの仕掛けを見せられず、19分のミドルも枠外と攻撃面であまりアピールできなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ