埼スタ決戦は土壇場でドラマ!浦和の森脇が90+4分に同点弾、FC東京は久保が先制点演出も…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月30日

山中のクロスから森脇が同点弾!

FC東京は途中出場の久保(左)を起点に先制点を奪ったが、最後の最後で同点に追いつかれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]浦和1-1FC東京/3月30日(土)/埼玉
 
 J1リーグ5節の浦和レッズ対FC東京が30日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 浦和はこの試合から布陣を4バックに変更し、最終ラインには左から宇賀神友弥、槙野智章、マウリシオ、森脇良太が並んだ。対するFC東京は普段通りの4-4-2で、2トップにはディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑を据えた。
 
 試合は互いに守備陣が高い集中力を保ち、前半を0-0で終了。後半も激しい鍔迫り合いが続いたが、ついに75分に均衡が破れる。先制したのはFC東京だ。

 浦和の攻撃を凌いだFC東京は、素早くカウンターを発動。前線でボールを受けた久保建英がドリブルで持ち上がり、D・オリヴェイラにパスを出す。これはうまくつながらなかったが、こぼれ球を拾った久保が左サイドの東慶悟に絶妙なスルーパスを通し、最後は東のクロスをD・オリヴェイラが頭で沈めた。
 
 一方の浦和は山中亮輔が得意のFKでゴールを狙うも、クロスバーに阻まれて得点には至らない。しかし、迎えたアディショナルタイムの90+4分。両サイドバックを高い位置に上げた分厚い攻撃が、ついに実を結んだ。
 
 右サイドで起点を作った浦和は、中央のエヴェルトンを経由して左サイドにボールを展開。エヴェルトンのパスを受けた山中がダイレクトでグラウンダーのクロスを送ると、中央に走り込んだ森脇が左足で合わせて起死回生の同点弾をねじ込んだ。
 
 結局、そのまま1-1でタイムアップ。土壇場で勝点1を拾った浦和は暫定6位に浮上し、追いつかれたFC東京は名古屋グランパスに抜かれて2位に後退している。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ