【浦和】痛烈なブーイングと渇望したゴール… 杉本健勇は古巣相手のPKにどう向き合ったか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月19日

移籍後1本もシュートを打てず「慎三くんに『やっと打ったな』と言われて(笑)」

かつての本拠地で袂を分かったサポーターに挨拶。ゴール裏から届いたのは、歓声とブーイングが入り混じった反応だった。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ4節]C大阪1-2浦和/3月17日/ヤンマー
 
 容赦ないブーイングを浴びながら、浦和の杉本健勇は助走に入った。1-1の82分、逆転の絶好機として迎えたPK。C大阪のGKキム・ジンヒョンの動きを見定め、冷静にゴール左へ流し込むと、歓喜を爆発させる浦和のチームメートが駆け寄ってきた。だが、杉本自身はうつむき加減で喜びを噛みしめた。これが移籍後初ゴールだったにもかかわらず――。

 
「セレッソに対してのリスペクトがあるし、感謝の気持ちや敬意もあるので。“もっと喜べよ”と周りには言われたけど、ゴールを決めても、そういう感じにしようと思っていた。点を決めたら、いつでも嬉しいんですけどね」
 
 育成組織から育ったC大阪に別れを告げ、浦和へと完全移籍したのが昨オフ。以前に所属した東京Vと川崎ではC大阪とカテゴリーが違ったため対戦はなかったが、今回は同じJ1ということで、古巣との一戦が実現した。しかも、幼少期から憧れ、長くホームとしてプレーしてきたヤンマースタジアム長居が舞台。試合前からブーイングを浴び、始まってからもボールを持つたびに標的にされた。
 
「(ブーイングは)予想していたし、それは仕方のないこと。個人的には、ここで本当に多くを学んだというか、小さい時から育ったセレッソだったんで。すごく感謝もしているし、相手チームとしてこのピッチに立つのは初めてだったんで。なんて伝えたらいいか分からないけど、試合中も不思議な感じがしていた」
 
 かつての庭で、慣れ親しんだユニホームを着た相手に向かっていく。妙な違和感は拭えなかったものの、それ以上に結果を欲していた。浦和に加入し、キャンプから興梠慎三と主力組の2トップを形成しながらも、開幕からノーゴールが続いていた。しかも、シュートは0本。ACL・ブリーラム戦からスタメンを外れ、これが公式戦4試合ぶりの先発起用だった。
 
「レッズに来てからシュートを1本も打てていなかったから、今日は絶対に打たなあかんと思っていた。(56分に)シュートを打った瞬間、慎三くんに『やっと打ったな』と言われて(笑)」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ