【J1採点&寸評】浦和1-1FC東京|MOMは劇的同点弾の森脇!絶妙スルーパスが光った久保の評価は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年03月30日

浦和――シュート0本の興梠を厳しく評価

劇的な同点ゴールを決めた森脇。チームを敗戦から救った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
9 武藤雄樹 5.5
今季リーグ戦初出場も、まだトップフォームとは程遠い印象。前線でボールを受けてもすぐに相手に囲まれ、度々ボールを失った。
 
30 興梠慎三 5
シュートシーンは一度も訪れず。引いてボールを捌くのみでエリア内で勝負する回数が少なかった。最前線でボールを受けなければ、脅威になり切れなかった。
交代出場
MF
11 マルティノス 5(HT IN)
後半の頭から投入されたが、独特のリズムを刻むドリブルは回数が限られた。流れを引き寄せることはでなかった。
 
DF
6 山中亮輔 -(82分IN)
最も得意とする4バックの左SBで出場すると、積極的にサイドを駆け上がりアピール。85分過ぎにはパワフルなFKでゴールを強襲し、後半アディショナルタイムには同点ゴールをアシストした。
 
FW
14 杉本健勇 -(82分IN)
シュートシーンはなく、ポストプレーには粗さが見られた。中途半端なパフォーマンスに終始し、決定的な仕事はできなかった。
 
監督
オズワルド・オリヴェイラ 5.5
今季初めて4バックシステムを採用。1失点したものの守備はまずまずの安定感。ただし攻撃では、崩しの部分で課題が残った。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ