ガンバ大阪、驚愕の9連勝。指揮官、宮本恒靖が明かす「快進撃の舞台裏」

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年11月28日

継承すべき「ガンバイズム」とはなんなのか

2005年、最終節の川崎戦で千金弾を決め、J1初優勝を手繰り寄せた。エンブレムに手を当て、待たせ続けたサポーターに向けて咆哮を轟かせる。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今野に話を訊くと、宮本ガンバでもっとも変わったのは攻撃のテンポアップだという。「ボールを奪ってからのパスの質が求められて、だらだら回すんじゃなくて前に効果的なパスをどんどん出して、素早く攻め切ろと言われる。個人的にはここが大きな変化だったかなと思います」と教えてくれた。これを指揮官に向けると、「9月に入ったくらいから強く求めましたね」と認め、こう説明した。

「単純にプレーのスピードを上げたかった。コントロールしてからパスに向かうのか、それともドリブルをするのか。ボールを受けて相手の間合いに入るまで待って仕掛けるんじゃなくて、ボールを受けたらすぐ仕掛けるのが当然やと思う。前にスペースがあるなら早く進めようと。そのなかでプレーのスピードと正確性を追求していきました」

 
 次は背番号10・倉田秋を捕まえた。宮本監督の印象について問うと、「現役時代は一緒にプレーしてないから分かりませんけど、けっこう熱いんやなと思いました。あとはガンバ・アカデミーの先輩ですから、そのメッセージにグッと来るものがあった。強いガンバを取り戻さなアカンと。ホンマにそうやと思います」と、珍しく(?)真顔で語った。

 少し嬉しそうな表情を浮かべて、ツネはこう返答する。

「さっきも言いましたけど、サポーターを悲しませてはいけない。最初のミーティングのとき、とくにガンバ・アカデミー出身の選手にはそこらへんを強調しましたね。不甲斐なく感じていると思う、だから覆そうと。シュウはJ2に落ちた経験もあるわけですから、なおさら危機感を持って臨んでいたと思いますよ」

 そこで、ついに監督となった宮本にあらためて尋ねた。どこか忘れられていた、継承すべき“ガンバイズム”とはなんなのかを──。

「当然僕なんかは、弱かった頃のガンバを知っている。それは少しずつ強くなっていくなかで培ったもの。ボールを保持しながら相手を圧倒する、保持してなくても相手からしっかりボールを奪い取る。今日はどういう勝ち方をしようかと思い描きながら、選手たちにはスタジアムに向かってほしいんです。そしてファンのみなさんに対して、また観に来たいと思わせるパフォーマンスをいつも提供したい。いまではビッグクラブという評価をもらえている。それはとても光栄なことやし、そこに甘んじるんじゃなく、もっとその地位を上げて挑戦していくのがガンバやと思うんです。どんなことにも屈しない強さ。ハートのところも示していきたいですね」
【関連記事】
宮本恒靖、葛藤と苦悩の111日間~ガンバ大阪はいかにしてV字回復を遂げたのか
【G大阪】ガンバ最強助っ人はいったい誰? 遠藤保仁の回答が超意外だった
圧巻9連勝の立役者、今野泰幸が明かす「指揮官ツネと新生ガンバの真髄」
金メダルで歓喜に沸く韓国イレブン…ガンバのエースは静かに日本ベンチを訪れた
突然の政権交代が転機に。ガンバを9連勝に導いた18歳の大器、中村敬斗がついに覚醒!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ