【セルジオ越後の天国と地獄】今の日本代表は、「ラッキー」や「相手のミス」がないと、なかなか点が取れない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月30日

日本は最終予選の組み合わせ抽選会で、第2ポット以下が濃厚になった。この事実を重く受け止めるべきだ。

2次予選はグループ首位で突破したが、最終予選では厳しい組み合わせが予想される。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 4月12日に最終予選の組合せ抽選会が行なわれるが、日本は第2ポット以下が濃厚になったという。場合によっては、第3ポットに落ちる可能性もあるそうだ。シリア戦の勝利など横に置いて、この事実を重く受け止めるべきだよ(編集部・注/最終予選は12チームをふたつの組に分けた総当たり戦。各組上位2チームが本大会への出場権を獲得。各組3位はアジア地区プレーオフに回る)。
 
 抽選会は、4月9日発表のFIFAランク順に第1ポットから第6ポットまで振り分けられるが、ポットが低くなれば、強豪国と同居するリスクも増す。つまり日本が第2ポット、または第3ポットに入ると、それだけ厳しい組み合わせになるということだ。
 
 イランが最終予選に進めば、第1ポットは同国と韓国が予想される。少なくとも、日本は両国の一方と同組になる。さらにオーストラリアやサウジアラビア、カタール、ウズベキスタンなど同じグループになる場合もあり、組合せ次第では「死の組」と化すだろう。この状況こそ危惧するべきで、頭を早く最終予選へと切り替えろ、という本意もここにある。
 
 記憶に新しいのが、なでしこジャパンの失敗だ。15年のワールドカップで準優勝しながら、今年のリオ五輪アジア最終予選で3位に終わり、本大会出場を逃した。少しでも気を抜けば、なでしこジャパンの二の舞を演じるとも限らない。日本はすでにアジア王者から転落しているだけに、今から気を引き締めて最終予選に向けた準備を進めてほしい。

『サッカーダイジェスト3月24日発売号』では、「2016シーズン J1&J2リーグ全40クラブの戦術ガイド」をお届けします。また齋藤学選手、シモビッチ選手、大黒将志選手、原口元気選手の独占インタビューも掲載。ボリューム満点の内容でお届けします。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ