【セルジオ越後の天国と地獄】今の日本代表は、「ラッキー」や「相手のミス」がないと、なかなか点が取れない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月30日

2次予選を受けて、「日本の攻撃力が向上」などと語るのはもってのほか。

相手のオウンゴールで先制し、香川(10番)のゴールも相手のミスから生まれた。崩し切る力の向上は課題と言える。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 すごく大味な展開だったね。日本は相変わらず前半に飛ばして、畳み掛けるような攻撃を見せたけど、なかなか決め切れない時間が続いた。

【シリア戦PHOTOハイライト】香川が2得点・アシスト! 無失点で首位通過

【シリア戦|香川PHOTO】背番号10の鮮烈ボレーを連続写真でプレーバック!


 相手のオウンゴールで先制し、後半も相手の対応ミスから香川が追加点を決めてリードを広げたけど、どちらもシリアの守備を崩し切ったのではなく、「ラッキー」と「相手のミス」によって2点を決めている。
 
 その後、劣勢の相手がやや攻撃を意識したところで、日本が続けてゴールを重ねる形になったけど、課題は少なくないよ。日本が序盤から飛ばし過ぎた証拠に、相手のカウンターに対応できなかった。何度もピンチを招き、あわや失点という場面も見られた。
 
 カウンターへの対応力は、依然として低いままで、もうワンランク上の国と対戦したら、日本は確実にゴールを決められていたはずだよ。
 
 日本が2次予選をグループ首位で通過したのは良かったけど、グループ2位のシリアにやや苦戦したという印象はぬぐえない。結果的にシリア戦は5-0で勝利したが、シンガポール戦やアフガニスタン戦、シリア戦の前半と同様、押し込んでも点を取れない展開が続いた。何度も同じ状況が続いただけに、崩し切る力の向上は課題と言えるね。
 
 日本が苦手としているのは、体格が良く、引いた戦い方をする相手。これは昔から変わっておらず、今の代表チームもラッキーや相手のミスがないと、なかなか点が取れない。これは大いに反省すべきだ。
 
 日本が2点リードした後、相手が前に出てきてからは比較的自由にプレーできたが、その状況だと日本が上手く見えてしまう。ただ、これは単なる錯覚であって、2次予選を受けて「日本の攻撃力が向上」などと語るのはもってのほかだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ