• トップ
  • ニュース一覧
  • ピクリとも動かない足の指。「もう終わりかな」。奇跡のカムバックを遂げた大宮守護神・南雄太に課せられた使命「魂がこもったプレーをしたい」

ピクリとも動かない足の指。「もう終わりかな」。奇跡のカムバックを遂げた大宮守護神・南雄太に課せられた使命「魂がこもったプレーをしたい」

カテゴリ:Jリーグ

松澤明美

2023年06月23日

「勇気や希望を与えられるような存在に」

 6月17日には目標だったJリーグに復帰し、アウェーのV・ファーレン長崎戦で今季初スタメンに。試合は0-2で負けたが、手応えも掴んだ。

「『このまま終わっちゃうかもしれないな』と疑心暗鬼になっている時期もあった。ただ、ここ1、2か月ぐらいで自分のコンディションがすごく上がってきていると実感できていた。そういうタイミングで試合に使ってもらえたのは、すごく良かった。またこうして(Jリーグの)ピッチに立てたというのは非常に感慨深かった」

 南は契約更新時、こうコメントしていた。

「43歳でアキレス腱断裂という大怪我を乗り越えた姿を、一人でも多くの方にお見せして、同じような境遇の方々に少しでも勇気や希望を与えられるような存在になることも、自分の今後の現役生活に課せられた一つの使命だと思っています。

 そのためにも、もう一度、NACK5スタジアム大宮のゴールマウスに立てるように、負傷前以上に日々精進していく所存です」
 
 いよいよ叶う瞬間がやってきそうだ。6月24日、ホームのいわきFC戦で先発の可能性が高くなった。シーズン後半戦の初戦でもあり、出場できれば「自分のできることをとにかくやる」と気合も十分。

 個人の危機は乗り越えたものの、チームが危機に陥っていてJ3降格圏の最下位に沈む。また、相手のいわきは21位と残留争いをするライバルで絶対に負けられない。

「気持ちが伝わる、魂がこもったプレーをしたい。見ている人にはそれが一番大事。いつも以上に闘志を持ってやりたい」

 自らの努力と周囲のサポートでつなぎとめたサッカー人生。情熱がある限り、まだまだ先は続いていく。

取材・文●松澤明美(大宮花伝)

「愚かな行為。彼の態度は傲慢で幼稚」久保建英が謝罪した“ユニ放置”にペルー連盟幹部が憤慨「日本の文化を表わしていない」

【森保ジャパン26選手の通信簿】10ゴール中5点に関与したアタッカーなど“S評価”は3人
【関連記事】
「愚かな行為。彼の態度は傲慢で幼稚」久保建英が謝罪した“ユニ放置”にペルー連盟幹部が憤慨「日本の文化を表わしていない」
「日本で最も危険」ブラジル人記者が森保ジャパンを採点!三笘薫と共に最高評価だった2人は?
「サッカーファミリーである以上、やってはいけないと思う」ジュビロ18歳FW後藤啓介の主張。まさかのゴールパフォの真意は?「少しイライラしていて…」
「かわいすぎる」「ポニテが素敵」清水の広報部アンバサダー広瀬晏夕さん、片手にポップコーンの観戦ショットに反響!
似て非なるチャレンジとギャンブル。J2町田の黒田監督が語気を強めて指導。首位ターンも慢心なし。さらなる伸びしろも感じさせたワンシーン

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ