• トップ
  • ニュース一覧
  • 似て非なるチャレンジとギャンブル。J2町田の黒田監督が語気を強めて指導。首位ターンも慢心なし。さらなる伸びしろも感じさせたワンシーン

似て非なるチャレンジとギャンブル。J2町田の黒田監督が語気を強めて指導。首位ターンも慢心なし。さらなる伸びしろも感じさせたワンシーン

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑

2023年06月23日

ふたつの言葉の違いをかみ砕いて説明

妥協を許さぬ指導でチームを鍛える黒田監督。写真:滝川敏之

画像を見る

 その瞬間、練習の雰囲気が変わった。

 4対2のパス回しを終えたあと、黒田剛監督が選手を集め、語気を強めて熱く指導した時である。

「そのパスは、チャレンジなのか、それともギャンブルなのか」

 FC町田ゼルビアの広大なトレーニング場で話のすべては聞き取れなかったが、熱く語ったこのメッセージは筆者の耳に残った。選手に伝えた内容、そして言葉の真意はなんだったのか。翌日の囲み取材で黒田監督に訊いた。

「チャレンジには意図や根拠があります。チャレンジをみんなが推奨する、または『大いにチャレンジしようよ』と言えるのであれば、チャレンジに対してチームメイトみんながカバーできるし、サポートできるんです。

 でもギャンブルは、勝手に自分の発想のなかで一か八かでやってしまうこと。それに対しては、誰もサポートできない。そして、それが失点に変わっていく瞬間があるんです。全然、パスを通さなくていいところを、一か八かでパスを通すことに何の意味があるのか。

 パスを通す、またはリスクを負う根拠が、そこにあるかどうか。このパスが通れば1点なら分かるけど、パスが通らなかったら失点。そういうギャンブルをすべきなのか、という話をしました」

 似ているようで異なる「チャレンジ」と「ギャンブル」。ウィットに富んだ指揮官は、ふたつの言葉の違いをかみ砕いて説明した。

「例えば、あるひとりのチャレンジャーがパチンコに行くとします。そのチャレンジャーにみんなが1000円ずつ渡して、『この1万円の軍資金で勝ってこい』と言ってチャレンジを与えたけど、負けたとします。でも、その場合は1万円をすっても、みんながその人のチャレンジを推奨して、お金を預けたわけだから、それぞれの1000円がなくなっても、みんな何も言わないでしょう。

 だけど、その人が勝手にパチンコに行って、勝手に1万円をすってきて、みんなから1000円ずつ回収するとなれば『いやいや、ちょっと待てよ』という話になりますよね。これがチャレンジとギャンブルの違いです」
 
 例え話を挙げた黒田監督はサッカーの話題に戻し、選手に伝えたメッセージの真意を語った。

「練習の時はボールを失っても、誰かがまたボールをくれます。だからといって自分勝手なプレーをすると、チームメイトみんなで共有していることが矛盾してくる。そういう悪い習慣は、直らなくなります。

 実際の試合で、ペナルティエリアのバイタルエリア付近で不用意なボールロストをしたり、勝手なギャンブルでカウンターを食らったら、攻めていた7~9人は、みんな50メートル以上、自陣のゴール前に戻って守備をする。

 そして、やっとスライディングしてボールを奪って、また敵陣ペナルティエリアのバイタルエリア付近に入るためには、約100~120メートルを走る必要があります。ということは、チームとしては1200メートルくらいの体力を消耗する。たったひとりのわがままなプレーが、それだけチームに迷惑をかけるんだと、選手に教えました。

 ボールを取られるのは、単純なことではない。試合だったら、そのあとは攻められている。基本的なことだけど、トレーニングのなかでは、なかなかリアリティを持ってイメージできないんです。ただ、そこにこだわるのがプロ選手だと思うし、サッカーを職業にする選手は、誰よりもそこに優れていると思うからこそ、もう一度、気づかせる意味で話をしました」

【PHOTO】ラストプレーの劇的決勝弾を後押ししたFC町田ゼルビアサポーター
【関連記事】
「プロになって言われなかったので新鮮」町田の熟練ボランチが明かす、黒田監督の指導は何が凄いのか
「本当に組織作りが上手」ゼルビア髙江麗央が語る黒田監督の印象は? 最も求められるのは「ゴール前でのシュートブロック」
黒田剛監督が率いる町田、なぜ強い? “三位一体”のチーム作りが結実「5節、6節は分岐点。無失点勝利が必要」
「サッカーファミリーである以上、やってはいけないと思う」ジュビロ18歳FW後藤啓介の主張。まさかのゴールパフォの真意は?「少しイライラしていて…」
「反則レベルで可愛すぎる」なでしこ岩渕真奈が披露した“黒スポブラ姿”が反響!「ボクサーと勘違いするほどスリム!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ