• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本で最も危険」ブラジル人記者が森保ジャパンを採点!三笘薫と共に最高評価だった2人は?

「日本で最も危険」ブラジル人記者が森保ジャパンを採点!三笘薫と共に最高評価だった2人は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月23日

「なぜ自分が日本のスターなのかを示した」

ペルーに快勝を飾った森保ジャパン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保ジャパンは6月20日に開催されたペルー代表とのキリンチャレンジカップで、4-1の快勝を収めた。

 33分に伊藤洋輝のミドル弾で先制した日本代表は、37分に見事なパスワークから三笘薫が加点。後半に入っても、63分に三笘のお膳立てから伊東純也がネットを揺らすと、75分に前田大然がトドメの一撃を突き刺して試合を決めた。

 ブラジルの大手メディア『globo』は、日本通で知られるティアゴ・ボンテンポ記者の採点記事を掲載。「ベストプレーヤー」には1ゴール・1アシストの三笘を挙げ、次のように寸評を添えた。

「試合に影響を与えるまでにしばらく時間がかかったが、彼はすぐになぜ自分が日本のスターなのか、なぜ彼が常にスタメンにいなければならない選手なのかを示した。彼は個々の競り合いで危険を生み出し、ゴールとアシストで決定的な活躍を見せた。菅原、伊東、久保の決定機を生み出していたので、もっと多くのアシストがあったかもしれない。90分間フル出場した唯一のMFだ」

【動画】ペルーのファンが不快感を示した久保の行動
 その三笘の同じ最高点の「7.5点」をつけたのが、伊東純也だ。同記者は「久保や堂安の影があるとはいえ、彼が右ウイングのファーストチョイスになれるのは、こうしたパフォーマンスのおかげだ。最初の数分からフィールド上で最も危険な日本人選手で、彼は重要なプレーを生み出し、ペルーの守備陣により仕事をさせた選手だった」と称賛している。

 また、森保一監督にも「7.5点」を付与。「出場可能な選手の中で、最大の強さと考えられるものを備えたラインナップを完成させた。チームは集中力を維持し、素早いトランジションとボールの出どころへのプレッシャーにより、両チームが攻撃力を示し、均衡が取れ始めた試合のバランスをすぐに崩すことに成功した。理想的なパフォーマンスだった」と賛辞を贈っている。

 ボンテンポ記者による採点は以下の通りだ。

7.5点、三笘薫、伊東純也、森保一監督
7.0点、菅原由勢、伊藤洋輝、遠藤航
6.5点、鎌田大地、前田大然
6.0点、中村航輔、板倉滉、旗手怜央、相馬勇紀、久保建英、堂安律、、守田英正
5.5点、谷口彰悟、古橋亨梧
採点なし、瀬古歩夢

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のペルー戦出場17選手&監督の採点・寸評。3人が「7.5点」の最高点、MOMは1ゴール・1アシストの7番

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に集結した日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
「愚かな行為。彼の態度は傲慢で幼稚」久保建英が謝罪した“ユニ放置”にペルー連盟幹部が憤慨「日本の文化を表わしていない」
「衝撃を受けた。彼は凄まじい」ペルーメディアの関係者が驚嘆した日本代表戦士は? 森保Jの選手層には脱帽「久保と堂安が途中から出て来るなんて」
「不快な思いをさせたペルーの人々に謝罪します」久保建英、試合後の行為を詫びる投稿。敵DFと交換したユニホームを、相手国から“軽率”の指摘
「僕は批判されるんですよ。2人で対抗していきます」“大音量”で登場の久保建英が『頼もしい味方』と評した選手は?「友達1号ですね」
「日本人に謝りに行った」吹っ飛ばした前田大然に声を掛けている間に失点...ペルー代表DFに辛辣批判!「謝罪など一度も見たことがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ