【ルヴァンカップ採点&寸評】名古屋 2-0 C大阪|自慢の“カテナチオ”で名古屋が大会初制覇!!C大阪は相手の堅守を崩せず

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年10月30日

C大阪――最後までゴールが遠く

【警告】名古屋=なし C大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】前田直輝(名古屋)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
メンバーを入れ替えて3-0と勝利した天皇杯での“前哨戦”から改めて顔ぶれを変更。ボールをつなぎながら、サイドを変えて攻めどころを探したが、「想像以上にリトリートとカウンターを意識してきたと感じた」(小菊監督)と、相手のブロックを敷くディフェンスを崩せず。後半立ち上がりの失点も痛く、最後までゴールを奪えなかった。ただ、この決勝が必ずや今後の進化につながるはず。指揮官が課題に挙げた攻撃面の強化を果たし、さらにレベルアップした“小菊セレッソ”を見てみたい。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5.5
良いセーブを見せたが、守護神として2失点では納得がいかないか。2点目を奪われたシーンでもシュヴィルツォクのシュートは防いだ。

DF
2 松田 陸 5.5
前半は効果的な斜めのクサビのパスを入れ、攻撃をサポート。後半は逆サイドからのボールをシュートしたが、得点にはつながらなかった。パフォーマンスは悪くなかったと感じたものの……。

14 丸橋祐介 5
先制点を許した場面では対応は難しかったはずだが、足でクリアにいったところを自身の目の前で前田に決められた。攻撃面では特に前半はサイドチェンジを受けて崩しにかかったが、奏功せず。
 
15 瀬古歩夢 5.5
フィードの精度は高く、攻め上がったSBに合わせる球出しでチャンスも作った。守備面でも奮闘したが、後手を踏んだ面も。

33 西尾隆矢 5.5
試合終盤にはシュヴィルツォクにシュートを打たれ、GKが弾いたところを稲垣に決められた。CBを組んだ瀬古とともに耐えもしたが、カウンターをもう少しケアしたかったか。
 
MF
4 原川 力 5.5
中盤のコンダクターとして、低い位置からボールを味方へ送った。プレースキッカーも担い、流れのなかからシュートも狙ったが、チームを救うことはできず。失点したCKでは柿谷に上手くニアで触られた。

17 坂元達裕 5
スペースを消されていただけに、なかなか動きにくかっただろう。自慢のドリブルで局面を打開したかったが……。この日は良さを出せなかった。期待値が高かっただけに評価は……。


 
【関連記事】
「非常にまじめ」内田篤人がルヴァン杯決勝の名古屋の堅守を絶賛!「今の名古屋を象徴している」と評価した選手は…
堅守速攻の名古屋、ルヴァンカップ初優勝! 前田&稲垣のゴールでC大阪に2-0快勝
「ずっとファンでいてよかった」「涙が止まらない」グランパス、11年ぶりタイトルにファンは狂喜乱舞!
4年前との“違い”が生んだ敗戦劇…それでも小菊セレッソの航海は始まったばかり
ルヴァン杯MVPは稲垣祥!「タイトルが自分たちの自信になって、ここからさらにステップアップできると思います」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ