【ルヴァンカップ採点&寸評】名古屋 2-0 C大阪|自慢の“カテナチオ”で名古屋が大会初制覇!!C大阪は相手の堅守を崩せず

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年10月30日

名古屋――“持っている”稲垣は貴重な追加点!!

【警告】名古屋=なし C大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】前田直輝(名古屋)

画像を見る

[ルヴァンカップ決勝]名古屋2-0C大阪/10月30日/埼玉スタジアム2002
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 7
3日前の天皇杯で0-3で敗れていた相手にリベンジを果たし、ルヴァンカップ初制覇を達成。これぞ“マッシモ名古屋”と言えるように、序盤から粘り強い守備で試合を展開し、後半立ち上がりにセットプレーから先制すると、4-2-3-1から4-3-3、5-3-2と、システムを柔軟に使い分け、C大阪の攻撃を跳ね返しながら、79分にはカウンターから追加点。イタリア人指揮官の下、堅守を武器に理想的な試合運びでトロフィーを勝ち取った。ACLでの韓国遠征後、まだホテルでの隔離生活が続く中、選手たちがよく身体を張って戦い抜いた。MOMは大会MVP&得点王の稲垣と、貴重な先制点をもたらした前田らで迷うも……。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 6
最終ラインと連係して無失点に抑える。お決まりの“神セーブ”がなかったのは、それだけ守備が安定していたからこそ。セットプレーでのハイボールの処理も落ち着いていた。

DF
4 中谷進之介 6.5
キャプテンマークを巻いて守備陣を統率。裏を狙われるシーンもあったが、身体を張って相手についていった。空中戦や球際でも負けずにファイトし続けた。
 
6 宮原和也 6
右SBとして、中に絞るポジションを取りがちだった乾らを柔軟にケア。攻撃に出る回数は限られたが、サイドに蓋をし、5バック変更後はストッパーとしてシュートブロックも見せる。

 
20 キム・ミンテ 6.5
中谷とともにゴール前に固く、厚い壁を築いた。5バック移行後は最終ラインの中央でボールを弾き返す。最後まで集中を切らさなかった。

23 吉田 豊 6.5
相手の攻撃のキーマンであった坂元から自由を奪う。C大阪の右SB松田からのパスにやや苦慮する場面もあったが、穴を空けず。豊富なスタミナや1対1の守備を生かして、時間が経つごとに存在感を増すのが彼の真骨頂で、この日も試合終盤の力強さがより光った。

MF
14 木本恭生 6(81OUT
古巣対戦、しかもそのC大阪時代、プロ2年目で優勝に貢献した思い出深いルヴァンカップ決勝の舞台で、守備の強度をプラスする役割をこなす。前半は奥埜らの動きに難しい対応を強いられる場面もあったが、しっかり耐えた。試合終盤はどこか痛めたか交代に。

15 稲垣 祥 7
チームを決勝に導く得点など、ここまでの4試合で3ゴールを決めていた“名古屋の顔”は、前半は中盤で守備をこなし、チャンスを窺う。そして、79分にはシュヴィルツォクのシュートのこぼれ球に反応して、優勝をグッと手繰り寄せる追加点をゲット!! 自身初の大一番で輝き、大会MVP&得点王を受賞するなど、“稲垣のシーズン”はまだまだ続きそうだ。
 
【関連記事】
「非常にまじめ」内田篤人がルヴァン杯決勝の名古屋の堅守を絶賛!「今の名古屋を象徴している」と評価した選手は…
堅守速攻の名古屋、ルヴァンカップ初優勝! 前田&稲垣のゴールでC大阪に2-0快勝
「ずっとファンでいてよかった」「涙が止まらない」グランパス、11年ぶりタイトルにファンは狂喜乱舞!
4年前との“違い”が生んだ敗戦劇…それでも小菊セレッソの航海は始まったばかり
ルヴァン杯MVPは稲垣祥!「タイトルが自分たちの自信になって、ここからさらにステップアップできると思います」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ