【J1採点&寸評】横浜3-0浦和|仲川、M・ジュニオールらオフェンス陣に高評価!! MOMの前田の採点は…

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年03月14日

横浜――エウベルのJ初ゴールはお預け

2アシストの仲川(23番)やM・ジュニオール(10番)もハイパフォーマンスを披露した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

FW
7 エウベル 6 (80分OUT)

切れのあるドリブルに加え、正確なサイドチェンジでもチャンスを作り出す。決定機が複数あっただけに得点が欲しかった。

23 仲川輝人 6.5 (62分OUT)
右サイドからのクロスと、ペナルティエリア内の胸での落としで2アシスト。スピードのあるドリブルでも敵の脅威に。

MAN OF THE MATCH
38 前田大然 7.5 (62分OUT)

クロスに合わせて開始早々にネットを揺らすと、26分にも連係から加点。爆発的なスピードでかけるプレスも強烈で、攻守に存在感があった。
 
交代出場
DF
25 小池龍太 6.5 (25分IN)

ティーラトンの怪我で急きょ出場。守備に重きを置きつつ機を見た攻め上がりからダメ押し点をゲットした。

MF
26 渡辺皓太 6.5 (62分IN)

2度の決定機は決めたかったが、至る所でボールを受けて前線に良質なボールを供給した。

FW
18 水沼宏太 6.5 (62分IN)

相手が前掛かりになった部分はあるが、広大なスペースで自由にパスやシュートを繰り出した。

FW
45 オナイウ阿道 6 (62分IN)

同じタイミングで入った渡辺、水沼と比べて存在感はあまり出せなかったか。それでもポストプレーや守備で勝利に貢献した。

MF
14 天野 純 ― (80分IN)

エウベルと代わって左ウイングで出場。うまく時間を使いながら、セットプレーのキッカーも務めた。

監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5

スピードのある選手を前線に配置し、幸先よく点を奪うことに成功。交代で入った選手の活躍も顕著で、隙のない試合運びだった。
 
【関連記事】
「非常に後味の悪いゲーム」またしても前半に失点し開幕4連敗。横浜FC指揮官が明かす敗戦の原因
FC岐阜へ完全移籍の柏木陽介、浦和での11年間を回想。「2011年に残留争いをしているとき…」
【セルジオ越後】大久保の爆発も3点取らないと負けるようでは…。川崎は安定しているが懸念材料は三笘か
【横浜】ついにベールを脱いだ新戦力エウベル。デビュー戦で示したポテンシャルとは?
【浦和】小泉?武田?明本?田中?チーム内競争が本格化の予感…先発11人はまだまだ読めない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ