「非常に後味の悪いゲーム」またしても前半に失点し開幕4連敗。横浜FC指揮官が明かす敗戦の原因

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2021年03月13日

「前半に1失点してしまったのは非常に痛かった」

横浜FCは開幕4連敗と苦しい状況が続いている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ4節]横浜FC1-4C大阪/3月13日/ニッパツ三ツ沢球技場

 またしても前半に失点し、また好機逸もあり、開幕4連敗を喫してしまった……。

 横浜FCがセレッソ大阪をホームに迎えた一戦は、それまで降り注いでいた大雨の影響でピッチの所々に水たまりができるなど、最悪のピッチコンディションで行なわれた。

 横浜FCはここまでリーグ戦は3戦3敗。その全試合で前半のうちに相手に先制点を決められており、C大阪戦では先に失点しないことを意識して臨んだ。しかしこの日も前半の25分に先手を取られてしまう。ゴール前への相手のロングパスに対し、キャッチを試みたGK南雄太が味方DFと交錯。その間の落下点に入った豊川雄太にヘッドでネットを揺らされた。

 指揮官はこの失点について、「風がけっこうあって、相手がラフに蹴ったボールが風で止まってしまって、少し目測を誤った形になった。そこは不運だった」としながらも、「前半に1失点してしまったのは非常に痛かった」と唇を噛んだ。
 
 また、ピッチコンディションの悪さからお互いにロングボールが増えたため、セカンドボールを前線で拾いやすくするために、前半の4-2-3-1から後半は攻撃に枚数をかけやすい4-3-3に変更。この策が功を奏し、後半立ち上がりにゴール前でのセカンドボール奪取の流れから、ジャーメイン良が同点ゴールを奪った。

「後半からセカンドボールを拾いやすいシステムに変えて、それがうまくいってジャーメインの得点に繋がった。ですが逆にその後失点してしまって、それで選手たちが気落ちしてしまったのはすごく残念です。

 そのあとも攻撃的に行けて、同点に追いつくチャンスは十分にあったと思うんですが、そこを決め切れず、相手のカウンターとセットプレーから結果的に3点差で負けてしまった。非常に後味の悪いゲームになった印象です」

 前半の失点、さらにチャンスを作りながらも得点が取れないこと。なかなか悪い癖が抜けないまま、気が付けば開幕4連敗となってしまった。次節は、17日にアウェーで名古屋グランパスと対戦。早急に課題を克服し、連敗ストップといきたい。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【J1第4節PHOTO】横浜FC1-4C大阪|大久保が得点ランクトップとなる5ゴール目!横浜FCに苦戦するも後半畳み掛けて4ゴール快勝!
【関連記事】
C大阪が大久保の決勝弾で今季初の2連勝! 横浜FCはリーグ4連敗でいまだ勝ち星なし…
「なんだ、このオジサンはって」内田篤人氏がセルジオ越後氏との“秘話”を明かす!「それから俺の悪口を言わないようになった」
「試合で力を発揮できない」という評価を覆した久保建英。スペイン人記者が読み解く「ロングボール戦術でのクボの活かし方」【現地発】
「アイツは馬鹿野郎だけど…」槙野智章、岐阜移籍の柏木陽介に愛ある叱咤激励! Jリーガーやファンも反応
名手T・シウバが“嫌だった”対戦相手10人を明かす!トップ3は「魔法」「プロ意識の高さ」「神から与えられた才能」の持ち主

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ