【横浜】ついにベールを脱いだ新戦力エウベル。デビュー戦で示したポテンシャルとは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月09日

「攻撃をサポートできたかなと思います」

広島戦で途中出場から待望のJデビューを飾った今季新加入のエウベル。チャンスメイクもフィニッシュもこなす楽しみなアタッカーだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 上々のデビュー戦だった。ホームに広島を迎えた一戦で、今季横浜に新加入のエウベルは81分に途中出場。限られたプレータイムのなか、左ウイングに入ったブラジリアンはそのポテンシャルを示した。

 推進力あるドリブルでボールを前に持ち運び、攻撃に勢いをもたらす。86分には左サイドからのクロスに飛び込み、惜しいヘディングシュートを放った。自身も「何度かプレーに絡んで、攻撃をサポートできたかなと思います」と振り返る。

 及第点のプレーを見せられた理由について、エウベルは次のように話す。

「公式戦は初めてだったけど、キャンプからずっとこのメンバーと一緒にやっているので、戦術だったり、選手の特長を理解できている。だから上手く試合に入れました」

 この試合をチェックしていた元日本代表の10番、岩本輝雄氏も好印象を抱いたようだ。

「途中出場したあの時間帯は、ゲームは攻守に早い展開だったから難しかったと思う。それでも、惜しいシーンはあったし、つなぎも問題なかった。片鱗は見せたんじゃないかな。慣れてくれば活躍しそうだよね」

 開幕前の怪我で出遅れたが、ようやくピッチに立つことができた。コンディション面でも不安はなく、「今後はもっと出場時間を伸ばしたい」と意気込む。

86分には惜しいヘディングシュートも。限られたプレータイムのなか、好アピールに成功した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 広島戦から中2日でアウェーの福岡戦が控える。先発も期待されるが、「一番大事なのは勝つこと、勝点3を取ること。そのために僕は90分出ようが、途中出場だろうと、チームに貢献できる働きをしたい」と語る。

 スタメンはもちろん、来日初ゴールも期待したい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第2節PHOTO】横浜3-3広島|前半で3失点を喫するも…前田2ゴール&オナイウ2試合連続弾で横浜が追いつきドロー決着!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ