レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第46回 G・ミュラー(元・西ドイツ代表)

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月07日

チーム、個人として全てのタイトルを獲り尽くす

写真は、74年W杯の決勝進出を懸けたポーランド戦での決勝ゴール。厳しいマークを受けながらも、数少ないチャンスを確実に活かせるのがミュラーだった。ちなみに彼の太腿周りは、自転車選手並みの62センチもあったという。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 バイエルンとともに栄光への階段を駆け上がったミュラーだが、その得点能力が発揮されたのは、クラブレベルだけではない。西ドイツ代表のユニホームを身に纏った彼もまた、世界の守備の名手たちに失望を与え続けた。
 
 1966年10月12日のトルコ戦で代表デビューを飾ると、翌年には68年欧州選手権予選のアルバニア戦で4ゴールを挙げ、決勝大会の出場権を獲得したユーゴスラビアからも1得点を記録して存在感を示す。
 
 続いて68年から始まった70年メキシコ・ワールドカップ予選では、9得点で母国の本大会行きに貢献。この数字は、ブラジルの名手トスタンに次いで、2番目の多さだった。
 
 そして迎えた本大会、グループリーグ初戦のモロッコ戦で決勝ゴールを挙げると、ブルガリア戦、ペルー戦と連続でハットトリック。準々決勝では前回王者イングランドを下す決勝ゴールを豪快なボレーで決めた。
 
 いまだW杯史上最高の一戦といわれるイタリアとの準決勝では、延長戦で常に先手を取られながらも、バックパスを奪ってのゴール、瞬間的に身を投げ出してのヘッド弾でスリリングなシーソーゲームを演出。決勝進出は成らなかったものの、2位ジャイルジーニョ(ブラジル)に3点差をつけ、初のW杯でいきなり得点王に輝いた。
 
 一躍、世界にその名を知らしめたミュラーは、前述の通り、この年にバロンドールも受賞。稀代のゴールマシンはその後も国際舞台でも得点を積み重ね、西ドイツが圧倒的な強さで大陸初制覇を飾った72年欧州選手権では、予選(7点)、本大会(4点)ともに得点ランキングのトップを守り切った。決勝のソ連戦(3-0)では、2点を挙げている。
 
 それから2年後、自身最後のビッグイベントとなった自国開催のW杯。ここでは得点王の座をポーランドのグジェゴシュ・ラトーに譲ったが、ミュラーは印象的な4つのゴールを決めた。
 
 1次リーグのオーストラリア戦でのヘッド弾、2次リーグのスウェーデン戦ではヘーネスのクロスをスライディングで受け、倒されたままうまく足を交差してゴールに流し込んだ。ポーランド戦では、豪雨の後のぬかるんだピッチでしっかりボールをコントロールして名手ヤン・トマシェフスキの牙城を崩し、母国を決勝戦に導いた。
 
 そしてミュンヘン・オリンピア・シュタディオン(バイエルンの本拠地でもあった)でのオランダとの最終戦では、互いにPKで1点ずつを取り合って迎えた43分、ライナー・ボンホフの右からのクロスをトラップしたミュラーは、意図的に後方に残したボールに対し、素早く戻って身体を捻りながら右足でゴールに流し込んだ。
 
 この一瞬の早業に、相手守備陣も反応できず、西ドイツは逆転に成功。その後は、クライフを中心に猛攻を仕掛けるオランダに対し、バイエルン所属のベッケンバウアー、GKゼップ・マイヤー、そしてブンデスリーガではミュラーと好勝負を繰り広げたボルシアMGのベルティ・フォクツらが鉄壁の守りを見せ、見事に世界の頂点に立った。
 
 栄光を掴んだこの年をもって、ミュラーは代表を引退。W杯通算得点14、代表通算得点68という、長く破られることのない記録を残した。今ではどちらも母国の後輩、ミロスラフ・クローゼが更新したが、後者の記録については、クローゼが68得点に達するのに129試合を要したのに対し、ミュラーは62試合でこれを成し遂げている。
 
 一方、バイエルンでのキャリアはその後も続き、79年の退団までにリーガで427試合に出場し、365ゴールを挙げた。もちろん、これも歴代最多である。現在、現役トップのロベルト・レバンドフスキですら、まだ200点に到達しておらず、こちらの記録は当分、破られることはなさそうだ。
 
 リーガ4回、DFBカップ4回、チャンピオンズ・カップ3回、カップウィナーズ・カップ1回、インターコンチネンタルカップ1回という輝かしいタイトル歴を残してバイエルンを去ったミュラーは、79年にアメリカに渡り、NASL(北米リーグ)のフォート・ローダーデール・ストライカーズで3シーズンを過ごしてから現役を退いた。
 
 引退後は、事業の失敗、アルコール中毒と、様々な問題を迎えたものの、盟友のベッケンバウアー、ヘーネスから救いの手を差し伸べられ、これらを克服。バイエルンで活動の場(コーチ)を与えられたことについて、ミュラーは「このクラブが存在したことが、私にとっての最大の幸運」と感謝の意を表わした。
 
 ドイツの英雄として尊敬された不世出の天才ストライカー。そんな彼がアルツハイマー病に罹ったという、2015年のバイエルンの発表は、世界のサッカーファンに大きなショックを与えた。しかし、仮にミュラーが自身の偉業を忘れ去ってしまったとしても、人々の記憶のなかから彼の勇姿が消えることは絶対にない。

戦略サッカーシミュレーションの決定版! ポケサカに”レジェンド”たちが登場

簡単操作で”サッカーの奥深さ”を体感できるスマートフォン用本格戦略サッカーゲーム「ポケサカ」(OS対応はiOS/Android/KindleFire)。今回は“爆撃機”の愛称でクラブ、代表で栄光を勝ち取ったゲルト・ミュラーがついに登場!「G・ミュラーカップ」にエントリーして、「ドイツ版ゲルト・ミュラー」を手に入れよう。自分だけの戦略と登場するレジェンドの力を合わせてクラブチームの頂点を目指せ!!
詳細はアプリ内お知らせでチェック!!
 
公式HP:http://www.pksc.jp/
公式twitter:@PocketSoccer_PR
 
App Storeからダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/id572515596
Google Playからダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newstech.awakereset
KindleFireでダウンロード
http://www.amazon.co.jp/dp/B00L94O82W
【関連記事】
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第41回・プラティニ(元フランス代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第36回・ソクラテス(元ブラジル代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第31回・ルーニー(エバートン/元イングランド代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第26回・ギグス(元マンチェスター・ユナイテッド/元ウェールズ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第21回・スコールズ(元イングランド代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第16回・デサイー(元フランス代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第11回・シャビ(アル・サッド/元スペイン代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第6回・ライカールト(元オランダ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第1回・シェフチェンコ(元ウクライナ代表)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ