「2年前といまとではすべてが違う」風間八宏が描き出す“グランパス×DAZN”の新機軸

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年02月21日

ファンクラブのプラチナ会員を対象としたイベントでは、本人もビックリの役割を演じた

近年の名古屋のPR戦略には目を見張るものがある。この指揮官の存在が後押ししているのは間違いないだろう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 風間が名古屋の地を踏んだのは、いまから2年前の2017年1月。J2リーグに降格したばかりのチームを立て直して、ふたたびJ1で戦える強豪へと鍛え上げるのが、最大のミッションだ。と同時に風間は、ともすれば閉鎖的で外に対して消極性だったクラブカラーにも変化を起こしたいと感じていた。長らくメディアの仕事に従事し、それまで5年間に渡って指揮を執った川崎フロンターレで、クラブと地域の理想的な距離感を間近で見ていた流れもある。言うなればグランパスにとっての黒船は、まさに風間自身だった。
 
「2年前といまとでは、なにもかもが違います。事業と運営の考え方が変わって、社長が先頭に立って、みんなで日常的にミーティングをしています。とんでもないものを持ってこないと面白くないぞと最初に言ってしまったもので、いまじゃそれを抑えるのが大変なくらい、どんどん企画が出てくる。あえてこの場を借りて言わせてほしい。『みんな、少し落ち着きなさい』と(笑)」
 
 先日、ファンクラブのプラチナ会員を対象としたイベントでは、本人もビックリの役割を演じたという。

「180人くらいのファンの前ですよ。監督や選手が各テーブルに散らばっての立食パーティーだったんですが、ゲームとかクイズとかあるわけです。で、事前に好きな歌はなんですかと訊かれていて、気づいたらそのイントロが流れている。あ、やられたなと。歌はヤメろと思ったけど、ご指名だからやるしかない。歌を歌うってところまでは契約してないんだけどね(笑)。小さなステージでやらせてもらいましたよ。曲? 『攻めていこーぜ!』です」
 
 グランパスというクラブが、指揮官の下で大きく変貌を遂げようとするなか、時を同じくしてJリーグのブロードキャスティングパートナーとなったのがDAZNだった。風間は「DAZNさんにしてみても新しい、いままでにない試みが次から次へと生まれていた。ちょうどウチとは良いマッチングだったのかもしれない」と述懐する。試合当日のさまざまなイベントを共同で企画立案しながら、大きな枠のなかでファン拡大という共通の目標に邁進し、信頼関係を深めてきたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ