【J1採点&寸評】浦和0-1横浜|横浜のH・ヴィエイラと扇原が最高の「7」。MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月18日

浦和――良い位置で受けた山田だが、まさかのトラップミス

好配給を見せた柏木(10番)。守備でも高い貢献度を示すも、勝利には導くことはできなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
9 武藤雄樹 6
ギャップを突くポジショニングでパスを引き出し、攻撃をスピードアップ。高いシュート意識で脅威を与えたが、結果は得られなかった。
 
30 興梠慎三 5(86分OUT)
最前線でボールを受けるも、中澤に抑え込まれた。失点シーンでは、H・ヴィエイラを捕まえ切れなかった。
 
7 武富孝介 5.5(79分OUT)
精力的な前線からの守備とプレスバックを見せる。ただ、本職の攻撃では見せ場を作れず、悔しい途中交代。
 
交代出場
MF
18 山田直輝 5.5(63分OUT)
75分には良い位置でスルーパスを受けたが、まさかのトラップミス。自身が入ってからの失点に悔しさを滲ませた。
 
FW
21 ズラタン ―(79分OUT)
終了間際、背負いながらも右足でコースを狙ったシュートも枠を捉えられず。期待された仕事は果たせなかった。
 
DF
26 荻原拓也 ―(86分OUT)
限られた出場時間のなか、左サイドで積極的にボールに触り、打開しようとしたが、肝心な場面で空振りなど、不完全燃焼に終わる。
 
監督
堀 孝史 5
終始、劣勢のチームを立て直せず、ホームで手痛い完封負け。山田やズラタンを送り込んだ交代策も実らなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
浦和の新戦力MF、マルティノスが不発気味の攻撃面の課題を指摘!「ダイアゴナルの揺さぶりを」
浦和が新星・荻原拓也の2ゴールなどで名古屋を撃破!広島も4得点でG大阪を粉砕
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
【横浜】ポステコ流で躍動!! “超”攻撃的SB山中亮輔に漂うブレイクの気配
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ