【J1採点&寸評】浦和0-1横浜|横浜のH・ヴィエイラと扇原が最高の「7」。MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月18日

横浜――アンカーの扇原は抜群の存在感を放つ

【警告】浦和=宇賀神(47分)、武富(67分)、 横浜=山中(21分)、松原(45+1分)、扇原(62分)、デゲネク(69分)
【退場】浦和=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】ウーゴ・ヴィエイラ(横浜)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
横浜 7
ふたつの決定機を作った前半は、相手を押し込む時間帯も長く、ゲームを支配。後半もスタートからペースを掴んで試合を進め、狙い通りH・ヴィエイラが決勝点をゲット。守備も安定し、自分たちの目指すべきスタイルで今季初勝利を掴んだ。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6.5
相手に詰め寄られても冷静に足もとでさばく。ハイボールの処理も安定。90分の青木との1対1もビッグセーブし、勝点3に貢献した。
 
DF
27 松原 健 6.5
味方が遅らせている間に戻り、ピンチを阻止。入ってくる相手もしっかりマークし、前線を走らせる正確な浮き球パスも。
 
22 中澤佑二 6.5
興梠と見応えあるマッチアップ。戻りながらの難しい態勢でも、クロスを撥ね返し、確実なクリアも。37分にはCKから惜しいヘディングシュートも放った。
 
2 ミロシュ・デゲネク 6
ビルドアップはまずまず。背後に攻め込まれても走り負けなかった。イエローをもらった69分のファウルはいらなかった。
 
24 山中亮輔 6.5
中央へのカットインからH・ヴィエイラの決勝点をアシスト。カウンタ―を受けた際は、先手を取る守備で事なきを得る。
 
MF
6 扇原貴宏 7
前節に続き、スタメン出場。テンポ良く長短のパスを織り交ぜながらゲームメイク。周囲との関係性も良く、25分には相手GKを慌てさせるブレ球FKも。自ら相手のペナルティエリアに侵入するなど、抜群の存在感でMOM級の働きぶり。
 
33 ダビド・バブンスキー 6(77分OUT)
安定したテクニックを駆使し、周囲と連動しながら崩しにかかる。15分の遠藤を走らせたスルーパスは見事だった。
 
14 天野 純 6.5
両SBや扇原らと適度な距離感を保ちながら、出して、動いて、受けてを繰り返し、ポゼッションを高める。やや引き気味に構えて守備面でも奮闘した。
 
【関連記事】
浦和の新戦力MF、マルティノスが不発気味の攻撃面の課題を指摘!「ダイアゴナルの揺さぶりを」
浦和が新星・荻原拓也の2ゴールなどで名古屋を撃破!広島も4得点でG大阪を粉砕
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
【横浜】ポステコ流で躍動!! “超”攻撃的SB山中亮輔に漂うブレイクの気配
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ