【J1採点&寸評】浦和0-1横浜|横浜のH・ヴィエイラと扇原が最高の「7」。MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月18日

横浜――H・ヴィエイラがエースの仕事を完遂

再三、決定機を外していたH・ヴィエイラ(7番)だったが、81分のチャンスは確実にゴールに流し込み、勝点3の立役者に。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
11 遠藤渓太 5.5
縦への迫力は見せた。ただ、ラストパスの精度を欠くなど最後の局面で違いを作れず。流れも切るパスミスも。本来の実力を出し切れなかった。
 
MAN OF THE MATCH
7 ウーゴ・ヴィエイラ 7(90+3分OUT)
33分、58分、60分と何度も決定機をフイにしたが、81分のチャンスはモノにして勝利の立役者に。エースとしての仕事を完遂した。
 
25 ユン・イルロク 6(84分OUT)
鮮やかなターンと逆を突くフェイントで敵をかわして、チャンスメイク。山中とコンビネーションも良かった。
 
交代出場
MF
35 吉尾海夏 -(77分OUT)
投入されてすぐ、H・ヴィエイラにぴたりと合わせるクロスを供給。アジリティに富む動き出しが光った。
 
FW
26 イッペイ・シノヅカ ―(84分OUT)
右ウイングに入る。うまく試合の流れに乗り、力強いドリブル突破を試みたが、やや強引だったか。
 
FW
16 伊藤 翔 ―(90+3分OUT)
プレータイムはほぼ残されていないなかで途中出場。アピールできなかったが、勝利の瞬間をピッチの上で味わう。
 
監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5
ここまで結果を出せていなかったが、ブレずに自分たちのスタイルを貫き、待望の今季初勝利。カードの切り方も理にかなっていた。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
浦和の新戦力MF、マルティノスが不発気味の攻撃面の課題を指摘!「ダイアゴナルの揺さぶりを」
浦和が新星・荻原拓也の2ゴールなどで名古屋を撃破!広島も4得点でG大阪を粉砕
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
【横浜】ポステコ流で躍動!! “超”攻撃的SB山中亮輔に漂うブレイクの気配
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ