【J1採点&寸評】浦和0-1横浜|横浜のH・ヴィエイラと扇原が最高の「7」。MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月18日

浦和――今季初先発の菊池は右サイドを活性化したが…

【警告】浦和=宇賀神(47分)、武富(67分)、 横浜=山中(21分)、松原(45+1分)、扇原(62分)、デゲネク(69分)
【退場】浦和=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】ウーゴ・ヴィエイラ(横浜)

画像を見る

[J1・4節]浦和0-1横浜/3月18日/埼スタ
 
【チーム採点・寸評】
浦和 5
横浜のポゼッションに押し込まれ、セカンドボールの回収でも後手を踏み、劣勢を強いられた。敵のハイラインの背後を果敢に狙ったが、オフサイドに引っ掛かり、思うようにシュートまで持ち込めず。攻守両面でピリッとしなかった。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
33分、58分のH・ヴィエイラの至近距離からのシュートは完璧にセーブ。だが、失点の場面は懸命なセービングも届かなかった。
 
DF
38 菊池大介 5.5
今季初先発。攻守にアグレッシブな振る舞いを見せ、右サイドを活性化させたが、クロスは味方に合わせられなかった。
 
2 マウリシオ 5.5
正確なサイドチェンジで攻撃をサポート。守備では槙野とうまく連係を取りながら、相手の攻撃をブロックしていたのだが……。
 
5 槙野智章 5.5
的確なカバーリングでピンチを未然に防ぎ、個の強さも披露。ただ、効果的な縦パスは少なかった印象だ。
 
3 宇賀神友弥 6
走力を武器にスピードある対面の遠藤をしっかりと抑え込む。機を見た攻撃参加も悪くなかった。38分のミドルは枠を大きく外した。
 
MF
16 青木拓矢 5
シンプルかつ無駄のないパスワークで中盤を構成。球際の激しさも見せたが、終了間際のビッグチャンスはGK飯倉に防がれた。
 
15 長澤和輝 5(63分OUT)
推進力あるプレーで2列目から攻撃に勢いをつけようとしたが、奏功せず。サイドからの仕掛けも今ひとつだった。
 
10 柏木陽介 5.5
要所でプレーに絡み、攻撃のリズムを作る。運動量豊富に、献身的なディフェンスでも貢献したが、決定的な仕事には絡めず。

【浦和 0-1 横浜 PHOTO】ウーゴヴィエイラのゴールで浦和撃破!横浜ゴール裏、大歓喜!
【関連記事】
浦和の新戦力MF、マルティノスが不発気味の攻撃面の課題を指摘!「ダイアゴナルの揺さぶりを」
浦和が新星・荻原拓也の2ゴールなどで名古屋を撃破!広島も4得点でG大阪を粉砕
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
【横浜】ポステコ流で躍動!! “超”攻撃的SB山中亮輔に漂うブレイクの気配
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ