• トップ
  • ニュース一覧
  • “デカくて動ける”190センチのCB。ブレイク必至の大津・五嶋夏生はあふれる涙をこらえ切れず「勝たせられるキャプテンになりたい」

“デカくて動ける”190センチのCB。ブレイク必至の大津・五嶋夏生はあふれる涙をこらえ切れず「勝たせられるキャプテンになりたい」

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2024年02月23日

「最終的な目標は全国制覇すること」

 身体能力を鍛える作業は簡単ではなく、時間がかかるのは自明の理。徐々に出番を失い、夏以降は1年生チームでプレーする時間も増えた。

 ただ、この経験が今に生きている。同級生たちとプレーする機会がリーダーシップを育んだのだ。元々、口数が多いタイプではなく、朴訥なところもあったのだが、先頭に立ってチームを引っ張った経験が責任感を芽生えさせた。

 そして、プレー面でも課題と向き合った。トップチームで通用しなかったフィジカルを徹底的に鍛え上げ、フットワークや筋力を強化して“デカくて動ける”CBに。「積極的に取り組んだので、ちょっとずつだけど、成長できている実感がある」と本人も手応えを口にするほど、見違えるように逞しくなった。
 
 昨季はレギュラーとしてプレーし、プレミアリーグだけではなく、インターハイや選手権も経験。DFとして多くの舞台で戦い、ひりつくような展開を味わえた。その財産は何事にも代え難く、今季を戦ううえでプラスになったのは間違いない。

 今季の高校サッカー界において、目玉のひとりになる可能性は十分にある。「九州大会が最後ではない。自分たちの最終的な目標は全国制覇すること。この目標を常に掲げ、経験を次に繋げるしかない」と言い切った注目株は敗戦の悔しさを糧にし、世代別代表や高卒でのプロ入りを目ざして研鑽を積む。

取材・文●松尾祐希(サッカーライター)

【PHOTO】年に一度のカオスを楽しむ祭典!かわいいが大渋滞のJリーグマスコット大運動会を特集!(Part1)

【記事】「酒井宏樹さんにバチバチにやられた」。“本物のプレー強度”を体感し、意識がさらに変わった神村学園の名和田我空「守備が苦手という印象を払拭したい」

【記事】今年の日章学園は高岡伶颯だけにあらず。左利きのドリブラー南創太は巧い選手から恐い選手に
 
【関連記事】
「酒井宏樹さんにバチバチにやられた」。“本物のプレー強度”を体感し、意識がさらに変わった神村学園の名和田我空「守備が苦手という印象を払拭したい」
今年の日章学園は高岡伶颯だけにあらず。左利きのドリブラー南創太は巧い選手から恐い選手に
「夢かと思った」国立の舞台で決勝弾、日本高校選抜の池戸柊宇が“代表者”としての責任を全う! ゴールパフォーマンスはお笑い芸人の…
「高体連として意地がある」日本高校選抜が6年ぶりの勝利! DF渡邉優空が示した覚悟「各高校の代表として...」
一級審判員として最後の笛。高山啓義が選んだ舞台は...最も印象深い試合は野洲対鹿実「やっぱり国立競技場での選手権決勝は特別」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ