• トップ
  • ニュース一覧
  • 【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる

【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月14日

【ミドルサード】遠藤の復帰で引き締まる。ただ、ボールを上手くつなげない場面も。

「唯一ボールを持ってフェイントが入る」と手倉森監督に評価された原川。次戦でのスタメン起用もありえるだろう。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中盤では攻撃と守備でパフォーマンスに大きな差が出た。まず守備ではインフルエンザで調整が遅れていた遠藤が、不安をかき消す働きを披露。「ボランチのところでかなり弾いてくれた」と指揮官も認める高い対応力で、大島とともに最終ラインをプロテクトした。大黒柱が復帰し、チームがより引き締まったのは大きな収穫だった。
 
 左右MFに入った中島、南野も序盤から周囲と連動してプレスをかけ、カウンターの起点になるなど、守備面は概ね合格点を与えて良いだろう。
 
 ただ、一方で攻撃面では多くの課題が残った。守備に意識が傾きすぎたせいか、攻めに転じた際の各選手の距離は離れ、上手くパスをつなげられなかった。指揮官も「緊張が見て取れた。パス交換する距離がユニットごとに遠かった。(大島)僚太も(遠藤)航も珍しく失うことがあったし、前線も自分で仕掛けて取られることが多かった」と認める。
 
 なかなかフィニッシュに絡めなかった中島も「もっとできたかなと思う。自分のなかの理想としては勝つだけがサッカーではないので、良いプレーをして勝たないとこれから先厳しくなる。次は少しでも良いサッカーを見せて勝ちたい」と悔しさを滲ませた。
 
 中島の言葉通り、次戦以降、崩しやボールの回しの質をより上げなければ、苦戦を強いられるだろう。
 
 その点で途中交代から技術の高さを見せた原川は、キーマンになり得る能力を示した。手倉森監督も「唯一ボールを持ってフェイントが入る。スタメンの選手たちは止めて出すところを決めていたが、相手を騙しながらパス&コントロールをしていた。そういう意味では名前は(原川)力だけど全然力んでいなかった」と冗談を交えながら評価した。
 
 2日後のタイ戦では、原川が先発起用されるかもしれない。
 
【関連記事】
【岩本輝雄のオタクも納得!】期待外れの南野は2トップとの関係性を深める必要がある
【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった
【サッカーダイジェストの視点】内容よりも結果――。勝利に徹した手倉森ジャパンの潔さが勝点3に結びつく
【リオ五輪予選】FC東京でつながる“3世代の10番”。北京五輪世代の梶山陽平とロンドン五輪世代の東慶悟が中島翔哉へ送ったアドバイス
【香川真司】スランプに喘いだ昨季からなぜ復活できたのか。本人が語る「アジアカップ後の“変化”」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ