【EURO2016出場国】あまりに長かった空白期間……古豪ハンガリー代表の44年間と最後の勇姿を回想

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年11月20日

現時点で最後のEURO――1972年。三たびソ連に敗れて4位。

写真は1969年のハンガリー代表だが、ここから何人かが3年後のEUROでもプレー。アルベルトをはじめ、フェレンツ・ベネ、ラヨス・コチシュ、ペテル・ユハシュ、アンタル・ドゥナイ、サンドール・ザンボといった、多くのタレントを擁していた。 (C) Getty Images

画像を見る

 とはいえ、それでもワールドカップでは62チリ大会、66年イングランド大会と連続してベスト8入りし、オリンピックでは64年東京大会、68年メキシコシティ大会と連覇を果たしている(68年に準決勝で日本を5-0で下したのもハンガリーだ)。
 
 そして、わずか4か国が決勝大会に進めるEUROでは、64年スペイン大会(当時はヨーロッパネーションズ・カップ)で3位入賞を果たし、68年イタリア大会では予選準々決勝でソ連に敗れ、あと一歩で4強に残ることはできなかった。
 
 そして72年、西ドイツ(当時)がソ連を一蹴して初戴冠を果たすことになるこの大会で、ハンガリーはまず、ブルガリア、フランス、ノルウェーと同組の予選グループリーグを4勝1分け1敗の首位で通過。準々決勝では再試合の末にルーマニアを下し、開催国ベルギーに駒を進めた。
 
 62年チリ・ワールドカップで得点王に輝き、67年にはハンガリー人で初めて、そして現時点で唯一のバロンドール受賞者であるフロリアン・アルベルトらを擁したハンガリーは、本大会の1回戦、つまり準決勝ではソ連と対戦した。
 
 しかし、政治の世界同様にこの強国には勝てず、60年フランス大会の予選1回戦、前述の68年大会に続き、3度目の敗北。そして3位決定戦ではベルギーに敗れ、4位で大会を終えた。
 
◎EURO1972年決勝大会
◇準決勝
ハンガリー 0-ソ連
◇3位決定戦
ハンガリー 1-ベルギー
得点者:ラヨス・キュー
※4位入賞
 
 その後、76年ユーゴスラビア大会では予選グループリーグでウェールズの後塵を拝し、8チームによる決勝大会に規模が拡大した80年イタリア大会では伏兵ギリシャに予選グループ首位(=本大会出場権)を譲り渡してしまった。
 
 以降は予選グループリーグでも下位に沈むことが多く、前回2012年大会ではオランダ、スウェーデンに続く3位で10大会連続の予選敗退を喫していた。
 
 しかし今回、予選期間中にアッティラ・ピンテール→パール・ダルダイ→シュトルクと2度の監督交代を余儀なくされるなど、困難な時期を迎えたものの、これを乗り切って悲願成就、国中に歓喜にもたらした。
 
 さて、EUROでは実に44年ぶりの本大会出場となるわけだが、ハンガリーの場合、メジャーイベントへの出場自体も久々である。EURO以上のビッグイベントであるワールドカップへの最後の出場は1986年メキシコ大会と、こちらも来夏で30年が経つ。
 
 前述した通り、54年スイス大会では準優勝を飾ったハンガリー。もっとも、戦前に優勝候補筆頭に挙げられていたことを考えれば、小さくない失望を伴う結果でもあった。
 
 その後、60年代の2大会でベスト8の成績を残し、70年メキシコ大会、74年西ドイツ大会では予選敗退を喫するも、78年アルゼンチン大会からは3大会連続で本大会進出を決めている。
 
 82年スペイン大会では初戦でエルサルバドル相手に10-1と1試合最多得点を記録(いまだ破られていない)しながらも、ベルギー、アルゼンチンの後塵を拝して2次リーグ進出を逃したハンガリーは、その4年後のメキシコ大会では戦前、かなり高い評価を得ていた。
【関連記事】
イタリア行きに苦労するもついにアッズーリとメガクラブへ。エデルの「知られざる波乱万丈伝」
【バイエルン番記者】どうなる!? グアルディオラ監督との契約延長交渉
【イタリア代表】EUROを見据えて導入した「実質4-2-4」の全貌
【現地コラム】イングランド代表の「新ガスコイン」。21歳の逸材バークリーが、ついに――
【EURO2016】出揃った24か国! 過去出場大会の最高成績による“番付表”
EURO予選敗退国からベストメンバーを勝手に選出! ロッベンやゼコなどビッグネームがズラリと顔を並べる
“ラーム後遺症”に悩まされるドイツ代表。右SBの定位置を掴むのは誰だ!?
【回想】1958年W杯以来の大舞台へ――ウェールズ、半世紀を超える予選敗退の軌跡
【回想】北アイルランド――かつて世界を幾度も驚かせたEURO初出場国

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ