【バイエルン番記者】どうなる!? グアルディオラ監督との契約延長交渉

カテゴリ:ワールド

パトリック・シュトラッサー

2015年11月20日

水面下でプレミアのメガクラブがこぞって引き抜きを画策。

グアルディオラ監督とバイエルンの契約は16年6月まで。首脳陣も選手も続投を望んでいるが……。(C)Getty Images

画像を見る

 バイエルンとの契約が2016年6月に満了となるジョゼップ・グアルディオラ監督の身辺が、にわかに騒がしくなっている。マンチェスター・C、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・Uといったプレミアリーグのメガクラブがこぞって引き抜きを画策しているのだ。
 
 水面下で“ペップ争奪戦”が展開されるなか、先日バイエルンのカール=ハインツ・ルムメニゲ代表取締役社長が注目に値する声明を発表した。
 
「(ブンデスリーガの)前半戦が終わったら、ペップとの契約延長交渉に臨むつもりだ。結論が出たら公表する」
 
 この決定は、グアルディオラ監督の意向に沿って下されたものである。スペイン人指揮官はチャンピオンズ・リーグを含めた15年中の残り7試合にとにかく集中したいそうだ。
 
「バイエルンの監督であることを、私はとても誇りに思っている。このクラブはいつでも私の人生の一部だ」
 
 グアルディオラは以前そう語っていた。実際、バイエルンとの関係は極めて良好で、ブンデスリーガ3連覇中と結果も申し分ない。にもかかわらず、なぜ契約延長を渋っているのだろうか? 本人が何も話そうとしないため、その理由についてはわからない。
【関連記事】
【イタリア代表】EUROを見据えて導入した「実質4-2-4」の全貌
“ラーム後遺症”に悩まされるドイツ代表。右SBの定位置を掴むのは誰だ!?
【現地コラム】イングランド代表の「新ガスコイン」。21歳の逸材バークリーが、ついに――
【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.4 ピケ、マテュー、S・ロベルト
EURO予選敗退国からベストメンバーを勝手に選出! ロッベンやゼコなどビッグネームがズラリと顔を並べる

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ