イタリア行きに苦労するもついにアッズーリとメガクラブへ。エデルの「知られざる波乱万丈伝」

カテゴリ:ワールド

弓削高志

2016年02月01日

才能を見出したのは目利きで知られるイタリア人SD。

昨シーズンにサンプドリアでブレイクしたエデル。しかし、そのキャリアはまさに山あり谷ありだった。(C)Getty Images

画像を見る

 イタリア屈指の敏腕スポーツディレクター(SD)として知られるボローニャのパンタレオ・コルビーノは、スカウトとしての長いキャリアのなかで、今でも後悔している一件がある。
 
 ブラジルで見つけた輝く原石、エデルの獲得に踏み切らなかったことだ。28歳のアタッカーは今、サンプドリアのエース、そしてアッズーリの主力として、港町ジェノバの顔となっている。
 
 エデルことエデル・チタディン・マルティンスは、ブラジル南部サンタ・カタリーナ州にある小さな町で生まれ育った。
 
 父エロイは、ブラジル代表として1982年ワールドカップに出場した名ウイングのエデルのファンで、その名を息子に与えた。
 
 ブラジルに生を受けた男児として、空気を吸うようにサッカーボールを蹴り始めたエデルは、やがて近所のクリシューマというクラブに通い始める。そこでは元祖エデルと同じウイングではなく、純粋なストライカーとして育てられていった。
 
 広大なブラジルの隅々にまで目を光らせる欧州のスカウトは、決して多くない。1部昇格と2部降格を繰り返すようなクラブのユースに所属するエデルは、その網からこぼれてもおかしくない境遇にいた。
 
 だが、当時レッチェのSDとして頭角を現わしていたコルビーノは、エデルの才能を見逃さなかった。
 
 知られざる原石の発掘に手腕を発揮し、クリスティアン・レデスマ(現サントス)やミルコ・ヴチニッチ(現アル・ジャジーラ)などを見出した腕利きのSDは、その幅広いコネクションを通じて、エデルの情報もしっかりキャッチしていたのだ。
 
そして2003年、ブラジルへ飛んだ。当時評判だったクルゼイロのマイコン(現ローマ)とともに、エデルを視察するためだ。
 
 マイコンに関しては、クルゼイロが高額な移籍金を設定していたため、レッチェにはまったく手が出なかった。重い足取りでクリシューマに向かうコルビーノ。しかし、そこで待っていたのは輝かしい原石だった。
 
「宝石を見つけた」
 
 そう確信したコルビーノは、逸る気持ちを抑え切れず、即座にクラブを説得。そして、16歳の若きFWを練習生としてレッチェに連れ帰ることに成功するのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ