【イタリア代表】EUROを見据えて導入した「実質4-2-4」の全貌

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2015年11月19日

「実質4-2-4」の鍵を握るのはウイングだ。

このエル・シャーラウィやカンドレーバなど、現在のアッズーリは両翼がタレント豊富。ワールドクラスの9番と10番が不在なだけに、彼らが攻撃のキーマンとなる。(C)Getty Image

画像を見る

 昨年8月のアッズーリ監督就任からの約1年、コンテ監督はユーベ時代に使った3-5-2にはじまり、4-3-3、そして4-4-2と複数のシステムを試してきた。
 
 今年10月以降は、今回の2試合も含めて4試合中3試合で4-4-2を採用。EURO本番までに残されたテスト機会は直前の強化試合を除くとあと2試合(3月のスペイン戦とドイツ戦)しかないことを考えると、システムはこの4-4-2で固まったと見ていいだろう。
 
 コンテ流4-4-2の最大の特徴は、攻撃の局面では左右のウイングが高い位置まで張り出して“実質4-2-4”の布陣になることだ。
 
 攻撃の鍵を握る戦術上のキープレーヤーはウイング。ステファン・エル・シャーラウィをはじめアントニオ・カンドレーバ、アレッサンドロ・フロレンツィ、ロレンツォ・インシーニェ、ジャコモ・ボナベントゥーラ、アレッシオ・チェルチなど、現在のイタリアで戦力的に最も充実しているのがこのポジションだ。それこそが、コンテ監督が最終的にこのシステムを選んだ大きな理由だろう。
 

イタリア代表の基本フォーメーション。攻撃時にはサイドハーフがウイングの位置まで張り出し、「実質4-2-4」に変化する。(C)サッカーダイジェストWEB

画像を見る

 実際、現在のアッズーリには、かつてのクリスティアン・ヴィエリやルカ・トーニのようなワールドクラスの決定力を持つ9番(CF)も、ロベルト・バッジョやアレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティのような単独で違いを作る10番(ファンタジスタ)も不在だ。
 
 なにしろ2トップはレギュラー候補がグラツィアーノ・ペッレとエデルという国際的にはほぼ無名のペアであり、控えもシモーネ・ザザ、チーロ・インモービレ、ステーファノ・オカカ、マノーロ・ガッビアディーニ、セバンスティアン・ジョビンコなど、トップレベルでの実績がほとんどないFWばかりなのだ。
 
 個の能力という意味では傑出しているマリオ・バロテッリとジュゼッペ・ロッシは、前者は指揮官が重要視するハードワーク精神の欠如、後者は故障癖というそれぞれ大きな問題を抱えており、現時点では計算の立つ存在とは言い難い。
 
 したがって現アッズーリの戦術的な鍵は、ウイングを活かした組織的なサイド攻撃で敵ディフェンスラインを崩し、2トップが押し込むだけでいいところまでフィニッシュをお膳立てするところにある。
 
 先のベルギー戦とルーマニア戦でも、決定的なチャンスのほとんどは、サイドから作り出している。システマチックなサイド攻撃の機能性にある程度の目途が立ったことは、今回のポジティブな収穫と言っていいだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ