【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.4 ピケ、マテュー、S・ロベルト

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2015年11月17日

ピケ「ピッチ内外で話題を呼ぶ生粋のバルセロニスタ」

08年夏に復帰以降、瞬く間に最終ラインの柱に成長したピケ。確かな足技を活かしたフィード、打点の高いヘディングが大きな武器だ。(C)Getty Images

画像を見る

  12月10日に開幕するクラブワールドカップで来日を果たす欧州王者バルセロナ。この言わずと知れたタレント軍団に所属する選手たちの、「素顔」に迫る短期集中連載だ。
 
 その第4回は最終ラインの柱ジェラール・ピケ、寡黙な守備者ジェレミー・マテュー、そして右SBで新境地を開いているセルジ・ロベルトだ。
 
――◆――◆――
 

Gerard PIQUE
ジェラール・ピケ

背番号3/DF/スペイン代表/1987年2月2日生まれ/193センチ・85キロ
 
 ジェラール・ピケほど、注目度の高いCBはいない。少なくとも国内に限って言えば、ピケの話題性はフットボーラーの中で群を抜いている。
 
 祖父はバルセロナの元副会長で、生まれたその日にソシオ(クラブ会員)になった。まさに生まれながらのバルセロニスタだ。13年1月に長男のミラン君が誕生した際、ピケは同じことをした。
 
「天は二物を与えず」という諺があるが、ピケには当てはまらない。父は弁護士、母は医師という裕福な家庭で育ち、「カタルーニャのセックス・シンボル」と呼ばれる金髪碧眼の完璧な容姿、そしてフットボーラーとしての才能にも恵まれた。
 
 人生のパートナーは、南アフリカ・ワールドカップのテーマソングを歌ったことでも知られるコロンビア出身の世界的シンガー、シャキーラだ。ピッチ外でも注目されるのは当然だろう。
 
 加えて、歯に衣着せぬ発言が少なくない。とくに生粋のバルセロニスタのため、「アンチ・レアル・マドリー」であることを微塵も隠さない。最近の代表戦では、マドリー贔屓サポーターからブーイングを食らっており、ほとんど社会問題にまで発展している。
 
 さらに、かなりの冗談好きでもある。10月31日のヘタフェ戦後には、ネイマール、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバ、そしてマルク・バルトラらとハロウィンの仮装をして相手チームの会見に現われ、物議を醸した。
 
 今後も、ピケが様々な話題の中心であり続けるのは間違いないだろう。

有名シンガーであるシャキーラ(左)とピケのカップルは、世界中の注目を集めるまさにビッグカップル。今年1月には第2子のサシャ君が誕生した。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ