オランダ発!サッカーIQを「見える化」するデジタルソリューション「NeurOlympics」とは?

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2021年10月20日

成長を促進する革新的ツール

オランダのBrainsFirst社が開発した「NeurOlympics(ニューロオリンピックス)」の認知診断テストを行なう育成年代の選手。写真提供:共同通信デジタル

画像を見る

 今、世界のサッカーは様々なテクノロジーで溢れている。それらが我々の知らないところで、サッカーの進化に大きく貢献している。

 将来を見据え、持続的に取り組み続ける必要がある育成面にも、革新的なテクノロジーが出現している。オランダのBrainsFirst社が開発した「NeurOlympics(ニューロオリンピックス)」だ。

 選手の脳を分析し、隠れた能力を見える化することで、欧州では実際に結果を出してきた。そして、このテクノロジーが日本に上陸した。NeurOlympicsとは、いったいいかなるものなのか――。

――◆――◆――

 現在、国際サッカー連盟(FIFA)には211の国と地域が加盟している。この数字は、他スポーツはおろか、国際連盟加盟国よりも多いことは有名な話だ。サッカーは、地球上で最も普及しプレーされているスポーツと言える。

 それだけの人気と規模を裏付けるように、サッカーは日々進化している。個々のスキルやテクニックやメンタルはもちろんそのトレーニング法から、チーム戦術、育成、クラブ運営といった組織マネジメントまで。取り巻くすべての分野で新たな方法論が次々と生み出されている。

 一方で、サッカーの進化とは別物だが、まるで呼応するかのように目覚ましい進化を遂げているのがデジタル技術だ。そしてこの両者がかみ合うことで、さらに進化は加速していく。

 たとえばGPS機能。たとえばAI技術。EUROやワールドカップなど大規模な国際大会が開催されるたび、スーパースローやスパイダーカムで斬新な映像を中継できるようになり、選手のトラッキングデータやパスの本数と成功率が即座に表示されるようになった。VARはジャッジにも変革をもたらした。大規模な国際大会でなくとも、Jリーグでは近年、ベルギーのダブルパス社が開発した『フットパス』というシステムで、クラブの育成組織をスコア評価する手法を取り入れている。

 現在、サッカーに活用されるデジタルツールは数え切れないほど存在し、ワールドサッカーの中心地である欧州では様々なアプローチで次々と結果を出している。

 将来サッカー選手として世界に羽ばたきたい夢を抱くサッカー少年少女たちは、いったい何をどう取り組んでいったらいいのだろう。この問題意識に、株式会社共同通信デジタルのスポーツデータ事業部が目を付けたのが、オランダのBrainsFirst社が開発した「NeurOlympics(ニューロオリンピックス)」というデジタルソリューションだ。
 
【関連記事】
才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは
遠藤航を育てたクラブ哲学――10代の戦力が次々に出てくる湘南ベルマーレの「育成戦略」とは?
「トロ(鳥かご)はなぜ正方形? 三角形でいい」。G大阪アカデミーで家長昭博らを輩出した育成のエキスパート、上野山信行の指導論が面白い
ビジャの想いが詰まった選手育成プロジェクト。スペインでプロを目指す2選手の熱き挑戦
【喜熨斗勝史の欧州戦記|第4回】ヨーロッパの育成方針は「肯定的評価」。アンサーを提示するのではなく――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ