【喜熨斗勝史の欧州戦記|第4回】ヨーロッパの育成方針は「肯定的評価」。アンサーを提示するのではなく――

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月21日

EURO2020では新しい戦術もあったし、各国の若手の台頭も目立った

喜熨斗コーチ(写真左)と22歳のイリッチ(写真右)。セルビアでは若手に対して選手個々の判断力を磨かせている。

画像を見る

 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。

 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第4回は、欧州の育成方針について語ってくれた。
 
――◆――◆――
 
 1大会最多となる142得点が生まれたEURO2020が終わり、今日からは東京五輪のサッカーが始まりますね。今回はEUROを踏まえて、欧州の育成方針について話を進めていこうと思います。

 現在、日本に滞在している私は、9月から再開する欧州予選へ向けてEURO2020をすべてテレビ視聴しました(セルビア代表は予選敗退で不出場)。もちろん我々はA組1位突破でストレートにカタール・ワールドカップ出場を狙っていますが、万が一、プレーオフに回ることになれば今大会に出場した欧州国はどれもライバルになる可能性があります。

 今までは新しい戦術を参考にして、自チームにどう落とし込むかという視点で見ていましたが、今回はどう攻略するか、どうすれば止められるかという現場目線で見ていました。新しい戦術もあったし、各国の若手の台頭も目立ちました。

 イタリア対イングランドのファイナル。PK戦で外した3人が試合後に様々なメディアで取り上げられましたが、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)は23歳、ジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)は21歳、ブカヨ・サカ(アーセナル)は19歳。PKを蹴った勇気も称えられるべきですし、彼らはクラブでもレギュラーで強烈なインパクトを残しました。

 また、東京五輪に出場するスペインもU-24世代はペドリ(バルセロナ)ら6人。デンマークも同3人、ポルトガルもレナト・サンチェス(リール)ら同4人が出場。“若手”ではなくベテランと同じくチーム戦術理解をしたうえで自分の特徴を出していました。トップ・トップの育成ができている証左でしょう。
【関連記事】
【喜熨斗勝史の欧州戦記|第1回】日本人がセルビア代表コーチ就任。ヨーロッパで必要となる“覚悟”とは何か
【喜熨斗勝史の欧州戦記|第2回】セルビアで日本人コーチはどう評価されているのか?そして日本戦への「複雑」な想い
【喜熨斗勝史の欧州戦記|第3回】セルビアから見たジャパン評は「面倒くさい相手」。選手も「日本代表のパスの回し方は勉強になる」
【セルジオ越後】五輪のキーマンは堂安。スペイン相手に決めたゴールは、勝ち抜く上で大きな武器になる!
【識者が選ぶEUROのベスト11】ファイナリストから8人を選出!悩んだポジションが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ