正念場の10月シリーズ、2戦1得点の森保ジャパンはどう点を取るのか… 主軸も自信を覗かせたサウジ攻略法は?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2021年10月06日

サウジアラビアはボールを支配して主導権を握るサッカーを志向

現地で汗を流す日本代表の選手たち。10月でも日中は35度を超える日が続いている。写真:JFA提供

画像を見る

「本当にこの10月2連戦で(カタール・ワールドカップ最終予選の行方が)決まると言っても過言ではないくらい大事な2試合だと思っています」
 
 若き守備の要・冨安健洋(アーセナル)がただならぬ緊張感を口にした通り、9月のオマーン戦(吹田)を落とし、いまだ1ゴールしか挙げられていない日本代表にとって、ここで首位に躍り出るためには、7日のサウジアラビア戦(ジェッダ)と12日のオーストラリア戦(埼玉)は勝点6が必須。とりわけ、サウジ戦は絶対に失敗できない大一番だ。

 苦杯を喫した2017年9月の2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選ラストマッチ(ジェッダ)、勝利した2019年1月のアジアカップ・ラウンド16(シャルジャ)の直近2回の対戦はいずれも1点差ゲーム。極めて拮抗した結果になっている。両者の実力差がそれほどないうえ、今回は完全アウェー。となれば、やはり「先手必勝」の形に持ち込むことが肝要と言っていい。

 それを踏まえ、改めてサウジアラビアの特徴を分析してみると、アジアカップ後の2019年8月から指揮を執るフランス人のエルヴェ・ルナール監督は、前任者のファン・アントニオ・ピッツィ監督ほどでないにせよ、ボールを支配して主導権を握るサッカーを志向。最終予選序盤のベトナム、オマーン戦をそれぞれ3-1、1-0で勝ち切ってきた。

 アジアカップの際は日本が高さで凌駕した印象だが、今回の主力メンバーは191センチの長身ボランチのアル・マルキを筆頭に180センチ以上の選手が5人。トップ下のアル・ファラジュも179センチと決して低くない。冨安のヘッド一発で勝ち切った2年半前の再戦を期待するのは難しいかもしれない。

 個々の技術も高く、全員がアル・ヒラルなど国内強豪クラブでプレーしている分、連係やコンディション面も優位だ。が、オマーン戦で露呈した通り、前掛かりになりすぎて後ろのスペースがポッカリ空くことがある。そこが日本にとっての狙いどころになる。

「サイドバックは両方が高い位置を取ってくるので、彼らのポゼッションという意味ではかなり有利な立ち位置になりますけど、逆を言えば裏が空いてくる。どんどん突いていけるんじゃないかと思います」と2016年以降のサウジアラビア戦3試合を全て経験している長友は明確にやるべきことを整理していた。

【日本代表PHOTO】サウジ&豪州戦メンバー26名の顔ぶれ
【関連記事】
【セルジオ越後】スタメンや戦術は敵も分かり切っているが…とにかく最低勝点4! 南野には自分の価値を示してほしい
サウジ戦の推奨スタメンは?|“経験”を重視。時間帯次第では勝点1狙いの3バックも【記者の視点】
日本代表、4年前の屈辱が想起される完全アウェーのジッダでの戦い。過酷な気候・環境に、問われる指揮官のマネジメント力
【森保ジャパン最新序列】大一番のサウジアラビア&オーストラリア戦へ。久保ら不在の中盤2列目はどうなる?
「動けなくなるまで、動くしかない」敵地でのサウジ戦に向け、浅野拓磨は“全力”を強調

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ