【セルジオ越後】スタメンや戦術は敵も分かり切っているが…とにかく最低勝点4! 南野には自分の価値を示してほしい

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月29日

“ベストメンバー”で戦ってきたチームだから敵も分かり切っている

越後氏も期待を寄せる南野。前回9月シリーズでは体調不良で出場はなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 10月上旬に行なわれるワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア戦、オーストラリア戦の日本代表メンバーが発表されたね。ほとんど“不動”のメンバーだけど、今回は久保と古橋が負傷離脱。伊東も累積警告で1戦目のサウジ戦が出場停止と攻撃陣には不安が漂っている。その一方で、9月に招集のなかった五輪代表組の田中碧と橋岡大樹を選出し、普段より多い25人を招集した。

【PHOTO】最終予選、9月のメンバーは?
 森保監督も言っていたが、招集メンバーを多めにしたのは前回9月シリーズの反省から。急な離脱者が出てもコロナ禍のいまは、追加招集した選手をすぐに呼び寄せられるとは限らないからね。これに関しては良い判断だったと思うよ。

 ただし、選手を呼んでも使わなければ意味がない。今回の上位2チームとの対戦は、グループ2枠に入るために、絶対に落とせない戦いになる、いわゆる“6ポイントマッチ”。こういう重要度の高いゲームでは、どんな監督でも冒険はしにくくて堅い試合になりがちだけど、これまで2次予選でも常に“ベストメンバー”で、ほぼ同じシステム、同じ戦術で戦ってきたチームだからね。だいたいどんなメンバーになるのかは予想がつくよ。

 ゴールキーパーは権田だろう。ディフェンスは長友、吉田、冨安、酒井。ボランチは大黒柱の遠藤と信頼の厚い柴崎。2列目は前述した3人がいないとなると、南野、鎌田、堂安。もしくは堂安ではなく、伊東と同タイプの浅野かな。そして1トップは大迫だろう。

 正直、相手もとくに詳しいスカウティングとかしなくてもこのメンバーで、こう戦うだろうって分かり切っているんじゃないかな。逆に、相手(日本)は追い込まれているからと、考えすぎて混乱してくれればいいけどね。

 とはいえ、どんなメンバーで臨もうと日本は最低でも勝点4をもぎ取らなければ、2位以上に浮上できない。勝点でトップに追いつくためには連勝が必須になる。仮に初戦のサウジ戦を落として3連勝の豪州と対戦するようなシチュエーションになったら、相当厳しい状況だ。今後を考えれば2引き分けでも厳しいだろう。ノルマは勝点4。これを達成できなかったら、協会も次の監督を考えるべきだろうけど、すぐに見つかるとも思えない。また“同じ光景”を見ないように、勝ってくれることを祈るしかないね。
 
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】大一番のサウジアラビア&オーストラリア戦へ。久保ら不在の中盤2列目はどうなる?
日本代表、10月のW杯アジア最終予選に挑むメンバー25人を発表! アーセナルで評価急上昇の冨安や南野、田中らを招集
サウジ&豪州の攻略法は? 最終予選の命運を握る10月シリーズ、森保ジャパンはいかに戦うべきか
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?
【日本代表】サウジ&豪州と戦う10月シリーズのノルマは? 達成できなければ監督解任も? 識者3人の見解

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ