「動けなくなるまで、動くしかない」敵地でのサウジ戦に向け、浅野拓磨は“全力”を強調

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月04日

「100パーセント表現できれば、勝利を掴める」

最終予選の難しさを感じている浅野。それでも、日本の実力を出し切れば勝てると信じている。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 少なからず、もどかしさを感じていたのかもしれない。

 オマーン、中国と対戦した9月シリーズは未招集だった浅野拓磨は、森保ジャパンの戦いぶりを「全部は見れていない」が、0-1で敗れたオマーン戦、1-0で勝った中国戦を受けて、思うところがあったようだ。

「シンプルに、最終予選になって一気に難しい戦いになったなと感じました」

 2試合を終えて、日本は勝点3のグループ4位。「ちょっと窮屈というか、出し切れていない感じがしました」と、浅野は言う。

 日本に何かしらの課題があったとは考えるが、それよりも――。

「アジアのレベルも上がってきているのは間違いないですけど、自分たちがやれることをピッチで100パーセント表現できれば、勝利を掴めると感じました」

 日本の力はこんなものではない。そう信じている。

 10月4日のオンライン取材に応じた浅野は、「全力」という言葉を繰り返した。

「サッカーは1点取って、ゴールさえ与えなければ、勝つスポーツ。そこに一人ひとりがフォーカスして、やれることを全力でピッチで表現できれば」
 
 今回の10月シリーズは、敵地でのサウジアラビア戦、ホームでのオーストラリア戦が組まれている。まずはサウジアラビア戦に向けて、浅野は気合いを入れる。

「ピッチに立てれば、動けなくなるまで動くしかない。そういう戦いを貪欲に表現したい」

 持ち前の驚異的なスピードに加え、がむしゃらにピッチを駆け回り、チームに活力を与えるような活躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 
【関連記事】
「めちゃオシャレ」「爆イケです!」ボーフム浅野拓磨のスポーティカジュアルな私服公開に香川真司も反応!
「広島でもスイスでも…」浅野拓磨と川辺駿がチューリッヒで再会! “元サンフレ”2ショットにファン歓喜
「いや、もう凄すぎ」古橋亨梧が抜群の嗅覚で決めた“復活弾”が反響!「飛び込むタイミングが完璧」
「トミヤスはCBの選手だろう?」元英代表MFが冨安健洋の起用法に疑問符「トッテナム戦は印象的だったが…」
「原動力は悔しさや怒り」日本代表DF中山雄太が最下位に沈むズウォーレで奮闘。東京五輪で掴んだのは「酒井宏樹という基準」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ