【日本代表プレーバック】過去3大会に見る、ワールドカップ予選初陣の難しさ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月16日

アジア枠が「4.5」となった06年大会以降で、最も恵まれた組分けに。

[日本 1-0 オマーン]終了間際に決勝点を奪った久保竜彦(中央)が歓喜の咆哮。この一撃によって、ジーコ監督の信頼を勝ち取った。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[日本 1-0 オマーン]試合中に意見交換する中田英寿(左)と宮本恒靖(右)。欧州組も加わった陣容だったが、発展途上のチームは攻守に課題を抱えていた。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ワールドカップ・アジア予選がすべてホーム&アウェー方式に統一されたのは、本大会出場枠が現在と同じ「4.5」になった2006年ドイツ・ワールドカップ予選からだった。
 
 継続的に本大会に出場していた日本はシード国としての地位を確立し、06年大会では32か国を4チームずつ8組に分けた1次予選から登場。10年大会と14年大会は、20か国を4チームずつ5組に分けた3次予選からの参戦となった。
 
 今大会から予選のフォーマットが再び変更され、2019年アジアカップ予選も兼ねた2次予選を40か国で実施。5チームずつが8つのグループに分かれ、日本はシリア、シンガポール、カンボジア、アフガニスタンとともにグループEに組み込まれた。
 
 果たして、6大会連続のワールドカップ出場を狙う日本にとって、この組分けはどのような影響を及ぼすのだろうか。過去のワールドカップ予選の初陣とともに振り返ってみたい。
 
 まず、各大会の予選スタート時点での各国のFIFAランキングはページ下の表のとおりだ。ランキングはあくまでもひとつの目安であり、真の実力を反映したものではないが、過去3大会と比べて最も目につくのが、日本以外に「ふた桁」順位のチームが同グループ内にいないことだ。
 
 もっとも、日本を含めたアジア全体の順位が以前よりも下がっているため一概には言えないが、今回の日本の組分けは過去のどの大会よりも恵まれたものとなったのは間違いない。来年9月からスタートするアジア最終予選に向けて、「結果を出しながらチームを作っていく」ことが求められるハリルホジッチ監督にとっては、理想的な環境だろう。
 
 唯一、ケアすべきなのは2位までが最終予選に進出できた2010年、2014年大会の3次予選とは違って、今回2位になると全8グループのうちの成績下位4か国は最終予選に進めない点。前回のザッケローニ監督の時のように、4節までに最終予選進出を決めた後、5節の北朝鮮戦(●0-1)にサブ組を多く起用して敗れ、6節のウズベキスタン戦(●0-1)も落として2位に転落するような事態は避けなければいけない。
 
 そうした観点で見ると、過去3大会のなかでは、最終予選に進めるのが1位のみだった2006年ドイツ大会の1次予選が、最もシビアな戦いだったと言える。04年2月18日に行なわれた初戦のオマーン戦で、もし勝利を収められなかったら――。ジーコ監督率いる日本代表は、最終予選を前にして思わぬ苦境に立たされていたかもしれない。

過去3大会の1次予選または3次予選と、現時点での各国のFIFAランキング。今回の対戦4か国が、今までよりもアジア下位に位置するチームであることが分かる。

画像を見る

【関連記事】
【シンガポール戦展望・スタメン予想】最大の注目は香川。アジア予選は“審判”が下される場に!?
【日本代表】神出鬼没の香川真司、復活なるか?
【シンガポール戦前日会見】ハリルホジッチ監督「戦う意識と野心があれば問題ないが、罠が仕掛けられているとも思う」
【日本代表】長谷部誠――W杯予選の怖さを知り尽くした男のキャプテンシー
【日本代表】長友佑都――原点に立ち返り三度目のW杯予選へ
【日本代表】武藤嘉紀――自身初のワールドカップ予選にして“ラストゲーム”。「ゴールへのイメージはある」
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】長友、香川にダメ出し。先制点の本田は高評価

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ