• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】武藤嘉紀――自身初のワールドカップ予選にして“ラストゲーム”。「ゴールへのイメージはある」

【日本代表】武藤嘉紀――自身初のワールドカップ予選にして“ラストゲーム”。「ゴールへのイメージはある」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年06月15日

「戦術のことは頭にあるが、それ以上に自分らしさを出したい」

ハリルジャパンではここまで脇役に甘んじている印象の武藤。主役へ躍り出る足掛かりをシンガポール戦で掴めるか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月16日のシンガポール戦は、自身初のワールドカップ予選の舞台にして、ドイツに旅立つ前の代表ラストゲームだ。
 
「緊張は特にないです。試合に出場できれば、ゴールを決めて勝利に貢献したい。自分らしさを出したいです」
 
 自分らしさにこだわるのは、今年1月のアジアカップで「戦術に縛られ過ぎて持ち味を出せなかった」からだろう。
 
 A代表の一員として初めて挑んだ国際トーナメントでは強気なドリブルが影を潜め、らしくないプレーを連発。大会中にクローズアップされたのは、グループリーグ第3戦のヨルダン戦で香川のゴールをアシストした働き程度だった。
 
 今年3月にハリルホジッチ政権が発足しても、ここまで結果らしい結果は残せていない。今季のJリーグでは、裏に抜け出すスピードと鋭いドリブルを主武器に10ゴール。川崎の大久保、鳥栖の豊田、G大阪の宇佐美とともに得点ランクのトップを走っているが、代表戦では昨年9月のエクアドル戦を最後に“当たり”がないのだ。
 
 どこかパッとしない代表での現状を打破したい気持ちは、当然ながらある。
 
「(ハリルホジッチ監督からアドバイスされて)新たな発見もあります。客観的にそう見えるなら、改善していきたい。指導者からの意見は柔軟に取り入れるほうなので。
 
(代表での得点については)自分次第なところもある。代表で2点目さえ取れれば、気持ちも乗ると思う。戦術のことは頭にありますが、それ以上に自分らしさを出さないとこの競争に生き残れない」
 
 ポジションを争うライバル・宇佐美については「しっかりと結果を出している」とその実力を認めたうえで、「負けないように頑張りたい」と宣戦布告とも取れるコメントを発している。
 
 「ゴールへのイメージはある。あとはどう決めるか」

 そう話す武藤にとって、果たしてシンガポール戦は脇役から主役へと躍り出るための、ターニングポイントになるだろうか。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
陣容刷新に動くインテル 長友佑都は交換要員リストに
【日本代表】長谷部誠――W杯予選の怖さを知り尽くした男のキャプテンシー
【対談】森重真人×太田宏介「責任感をモチベーションにして」
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは
【日本代表】神出鬼没の香川真司、復活なるか?
【日本代表】長友佑都――原点に立ち返り三度目のW杯予選へ
【セルジオ越後の天国と地獄】 「まやかしの快勝」だけど、大半のメディアは悪くは書けないよ。だって、ある意味でみんな“共犯者”だから

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ