ブンデス日本勢の2014-15シーズン総括|第3弾【岡崎慎司・清武弘嗣・酒井宏樹】

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2015年05月27日

岡崎は敵地でリーグ最多タイの9ゴールを挙げる。

これといった攻撃の型を持たなかったマインツで、文字通り孤軍奮闘。12ゴールと結果を残した岡崎は、プレミア行きが噂されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガでプレーする日本人選手の2014-15シーズンを総括。シリーズでお届けする第3弾は、マインツで孤軍奮闘した岡崎慎司、ハノーファーの清武弘嗣と酒井宏樹の1年を振り返る。
 
※キッカー誌の採点は「1」が最高評価。推定市場価格は『transfermarkt』を参照。
 
文:遠藤孝輔

ブンデス日本勢総括|第1弾【内田・酒井高・細貝】
 
ブンデス日本勢総括|第2弾【長谷部・乾・大迫】
 
――◆――◆――

岡崎慎司(FW/マインツ)
32試合出場(先発31)・12得点・3アシスト
『キッカー』誌の平均採点:3.41
推定市場価格:550万ユーロ(14年7月)→800万ユーロ(現在)
 
 ビッグクラブほどのサポートが得られないどころか、崩しのメカニズムが確立されていなかったマインツで、リーグ8位タイの12ゴールは立派。昨シーズンの15ゴールに及ばなかったものの、チームを残留に導いた最大の功労者のひとりであり、3位躍進を遂げたボルシアMGをはじめ、プレミア勢などが今夏の獲得を目論んでいる。
 
 特筆に値したのは敵地での勝負強さだ。鋭い得点嗅覚を活かし、まさしく「いるべき場所にいる」絶妙なポジションをとり、アウェーにおけるチーム総得点の半分となる9ゴールを叩き出した。これはヴォルフスブルクのドストと並び、リーグ最多の好成績だ。
 
 冴えていたのはフィニッシュだけではない。ロングボールや縦パスを収める基準点として奮闘し、質の高いポストプレーを披露。自身が「中央にいようと心掛けた」と振り返る終盤戦はボールに絡む機会が減るも、それまではサイドに流れて起点になるなど、仕掛け/崩しの局面でも存在感を示した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ