ブンデス日本勢の2014-15シーズン総括|第3弾【岡崎慎司・清武弘嗣・酒井宏樹】

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2015年05月27日

清武の最大の功績は残留を手繰り寄せた最終節の先制弾!

残留を懸けた最終戦で貴重な先制ゴールを奪うなど、清武はしっかりとチームに貢献した。 (C) Getty Images

画像を見る

清武弘嗣(MF/ハノーファー)
32試合出場(先発29)・5得点・5アシスト
『キッカー』誌の平均採点:3.82
推定市場価格:450万ユーロ(14年7月)→450万ユーロ(現在)
 
 タイフン監督が率いた29節までは2列目の中央とサイドでの起用が多かった。サイドでは守備負担が増す影響からかいまひとつだったが、本職のトップ下でのプレー時は躍動。敵2ライン(DFとMF)間でパスを受けて、前を向いた際はコース取りが巧みなドリブルや創造性豊かなパスを駆使し、頻繁に好機を演出した。
 
 先制点を奪い、正確なプレーの連続で敵の守備陣を翻弄したのは、24節のバイエルン戦だった。
 
 チームの大きな武器になっていたのは、得意のプレースキックだ。直接叩き込んだのは9節のドルトムント戦と15節のブレーメン戦のみとはいえ、CKとFK双方のキッカーを務め、味方に合わせるピンポイントのボールを幾度となく供給していた。
 
 二桁得点をマークした主将のシュティンドルとともに、ハノーファー攻撃陣を牽引したキーマンの最大の功績は、残留を手繰り寄せた最終節での先制ゴールだろう。開始早々にヘディングを突き刺して、チームに勢いをもたらした。負ければ降格していただけに、とりわけ重要な意味を持つ一発だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ