香川がクロップ監督のホーム最終戦を飾る1得点・2アシスト! DFBカップ決勝へ期待が高まる

カテゴリ:ワールド

山口裕平

2015年05月24日

ドルトムントらしい躍動感を感じさせた香川の先制ゴール。

1得点・2アシストと輝きを放った香川。今季のホーム最終戦で躍動感溢れるプレーを見せた。(C) Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ最終節。この試合はドルトムントにとって特別な試合だった。それはこの試合が今季のリーグ最終戦だったからというだけでなく、またヨーロッパリーグ出場権を争うブレーメンとの直接対決だったからだけでもない。この試合が7年間クラブを率い、現在のドルトムントを築き上げたユルゲン・クロップ監督にとっての最後のホームゲームだったからだ。
 
 試合前からスタジアムはいつも以上の熱気に包まれ、クロップ監督がピッチに姿を現わすと一際大きな歓声が上がった。ファンはいつも以上に大きな声で呼び慣れた監督の名を呼び、試合前にはその功績を称えるコレオグラフィが披露された。
 
 そんなスタジアムの熱気が選手に乗り移ったかのように、ドルトムントは躍動した。試合後、「今日はサポーターが試合に入りやすい雰囲気を作ってくれた」と香川が語ったように、立ち上がりからドルトムントは攻勢に打って出た。次々とボールを奪って相手ゴールを目指して行くその姿は、国内二冠を達成したシーズンを思い起こさせるようだった。
 
 そして、口火を切ったのは香川だった。15分にギュンドアンからパスを受けるとひとりをかわして左足で先制点を決める。高い位置でボールを奪い、素早い切り換えからそのままゴール前へ選手が殺到。後方から走り込んだ香川が絶妙なファーストタッチで相手の重心の逆を取り、落ち着いて沈めるというドルトムントらしい躍動感を感じさせるゴールだった。
 
 その後も香川は、ふたつのゴールをアシストして全3ゴールに絡む活躍。3-2の勝利に貢献し、クロップ監督最後のホームゲームに自ら華を添えた。
 
 試合終了のホイッスルが鳴り響いても、誰ひとりとしてスタジアムを後にしようとしなかった。それは眼鏡とキャップがトレードマークの監督の姿をその目に焼き付けようとするファンが別れを惜しんでいるかのようだった。
 
 クロップ監督はいつも通り人懐っこい笑顔を見せながら小走りでスタジアムを一蹴し、何度もキャップを取ってはファンの声援に応えた。そして、最後はいつもみたいに南側サポータースタンドの前で三度拳を突き上げた。
 
 スタンドのファンは総立ちとなり割れんばかりの拍手を送ったが、それはアウェー席に残ったブレーメンのファンも同じだった。他チームのファンから拍手を受ける監督など、そうそういない。その独特な光景は、クロップ監督の残した功績の偉大さを物語っていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ