【J1採点&寸評】G大阪2-1徳島|MOMは初物尽くしの勝利を決めたエース!今季初先発の韓国代表CBも高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年05月28日

G大阪――3バックを採用。キム・ヨングォンが待望の今季初先発

【警告】G大阪=三浦(66分)、一美(81分) 徳島=岸本(6分)
【退場】G大阪=なし 徳島=なし
【MAN OF THE MATCH】宇佐美貴史(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ16節]G大阪2-1徳島/5月27日(木)/パナスタ

【チーム採点・寸評】
G大阪 6.5

今季初めてとなる3バックで徳島を迎え撃ち、流れの中では初&今季初めて前半にゴール。PKで一旦は同点にされるも気落ちすることなく、エースの決勝点で勝ちきり、4連敗にピリオドを打った。

【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6

13本のシュートを許すも、枠内シュートはPKをのぞけば1本のみ。後半、岸本のクロスが流れた際には、キャッチにヒヤリとさせられた。PKはコースを読みきれなかった。

DF
5 三浦弦太 5

3バックで役割がはっきりしていたため、サイドに流れてきたアタッカーにも最後のところで身体を張り、好対応。しかし、PKを献上した場面はやむを得なかったとはいえ不用意だった。

3 昌子 源 6
尾骨を骨折し、前節はフェイスガードをつけて出場したが、負傷を感じさせず、垣田に対して厳しく対応。局地戦の強さを見せたが後半、足技を見せようとして奪われピンチを招いたのは反省点。

19 キム・ヨングォン 6.5
負傷に泣き、長らく別調整が続いていたが待望の今季初先発。自らのドリブルの持ち上がりが先制点をもたらすことにつながり、攻守で最後尾を安定させた。韓国代表CBとしての力を見せる。
 
MF
8 小野瀬康介 6(79分OUT)

前節は途中出場で、まだ本調子ではなかったが、慣れ親しんだウイングバックで攻守にハードワーク。倉田と右サイドで好連係を見せ、先制点の場面では絶妙のクロスを供給し、チームに勢いをつけた。

15 井手口陽介 5.5
やはりピッチを幅広く駆け回るのが得意なだけに、ややダブルボランチだとこじんまりするきらいも。局地戦で本来持っている強さを発揮できず、前半は特にパスミスなどが多く見られた。

21 矢島慎也 6(65分OUT)
守勢に回る展開だと、持ち味が薄れるが工夫をしてボールを動かす。先制点の場面もキム・ヨングォンの持ち上がりをスイッチにし、効果的に展開。身体を張ってボールを奪うなど奮闘したが守備固めで交代に。

30 塚元 大 6
G大阪U-23時代にウイングバックを経験しており、器用にこなした。攻撃ではややサポートに恵まれず、個の推進力で打開せざるを得なかったが積極性は発揮。守備でも球際の強さを見せた。
 
【関連記事】
「スーパーゴールすぎやろ」ガンバ、宇佐美の徳島戦V弾にファン大反響!「初見はオフサイド?って思ったけど…」
「綺麗な崩し」「涙が出た…」パトリックが決めた松波ガンバ待望の初ゴールにファン歓喜!
【ミャンマー戦のスタメン予想】冨安、堂安は欠場の見込み。2次予選突破決定へ主力メンバーを起用か
「これほど活躍するとは思わなかった」長友佑都のマルセイユ残留はどうなる? 現地紙のアンケート結果は…
識者が推す! J1中盤戦以降の必見タレント|低迷ガンバの救世主は? ベテランFWの奮起にも期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ