「これほど活躍するとは思わなかった」長友佑都のマルセイユ残留はどうなる? 現地紙のアンケート結果は…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月27日

2021年6月末で既存の契約は満了するが…

去就が注目されている長友。(C)Getty Images

画像を見る

 リーグ・アンのマルセイユに所属する日本代表DF長友佑都の去就は、現地でも注目を集めるトピックスとなっているようだ。

 現地時間5月25日、マルセイユ地元紙『LE PHOCEE』は、2021年6月末で契約が満了する長友について、「契約を続けるか、それとも終了させるか、マルセイユはまだ決断していない」と伝えている。

 長友は昨夏にフリーランスで同クラブに加入。当初はジョルダン・アマビの控えとしての補強とされたが、アマビの負傷などが続き、今季はリーグ戦25試合に出場し、1アシスト。計1601分間プレーしている。
 
「控え選手として加入してきた彼が、これほどまでに活躍するとは誰も思っていなかった。我々もそうだった。だが、クラブはまだ彼をキープするか否かの決断を下していない。そこで、サポーターの意見を聞いてみたいと思う」

 同紙はウェブアンケートを設置し、日本人DFを「チームに残すべき」「チームには不要」「分からない」の3項目で投票を募集。3000人以上が参加し、68.1%と最も多く支持を集めたのは「チームには不要」という意見で、次に「チームに残すべき」が28.1%、「分からない」が3.8%という結果になった。

 マルセイユでも同僚となった酒井宏樹はヨーロッパを離れることを表明しており、長友の今後は現地でも注目されている。

 日本代表としてワールドカップのアジア2次予選に臨むために帰国している34歳のベテラン戦士は、残留を決めるのか、それとも新天地に旅立つのか。今後の動向が注目されそうだ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
長友佑都の名前も!11年ぶり戴冠のインテル、“空白の10年”の「ベスト11」を伊メディアが選出!
CLやELでアウェーゴール撤廃か?UEFAが「56年前に採用された時代遅れのルール」を廃止検討
「ヨーロッパを離れる」酒井宏樹が5シーズン在籍したマルセイユ退団を発表。「夢に終止符を打つことを決意」
【日本代表】長友、酒井宏の未招集で浮き彫りになったサイドバックの人材難。誰が頭角を現わすのか?
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ