【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年05月26日

大迫との序列を覆す一番手は鈴木武蔵

河治氏が予測する東京五輪後の森保ジャパン

画像を見る

 今年9月にはカタール・ワールドカップ・アジア最終予選が始まる。東京五輪を終えたU-24世代との本格的な融合が進むなかで、A代表に組み込むべき人材は誰か。そしてスタメンの顔ぶれ、各ポジションの序列はどのようになるか。

 五輪後の最終予選を見据え、森保ジャパンの新陣容について、河治良幸氏に予想してもらった。

――◆――◆――

 3バックのオプションもあるが、布陣は現状メインの4-2-3-1を採用した。基本的なレギュラーは最終予選の初めの段階では大きく変わらないと考えられる。理由は、日本サッカ―協会と森保一監督が「1チーム2カテゴリー」というコンセプトでやってきて、東京五輪世代のA代表への組み込みがおおよそ済んでいるから。

 まず序列を突き崩すとしたら、ミャンマー戦に招集されているU-24の選手たちだろう。CBとボランチを兼任する板倉滉は筆頭株だが、オーバーエイジで東京五輪に参加する吉田麻也が健在で、同じU-24の冨安健洋も盤石であるため、コンディションの上下がない限り、9月の時点で突き崩すまでは難しいか。

 1トップから見ていくと、大迫勇也の地位は揺るがない。ブレーメンでは2列目をやったり、なかなか代表のような持ち味を発揮できていないが、完勝した3月の韓国戦で改めて存在価値を証明した。ただ揺るがないなかで攻撃の中心として、さらに良い環境でプレーできるかどうかは、最終予選ひいてはカタール・ワールドカップの本番にも関わる。
 
 2番手は今回の代表で招集から外れた鈴木武蔵。理由は明確で、ベルギーでのシーズン後半戦は怪我に悩まされて実力を発揮できておらず、森保監督もそこを考えて招集を見送ったはず。タフな環境の中で怪我に強くなっていくことも大事だが、1トップとして札幌時代には無かった強さを身に付けているのも事実で、大迫との序列を覆す一番手だろう。

 ただ、上記のリストからは外しているが、本来はベルギーリーグで日本人FWとしては出色の結果を出している鈴木優磨がおり、得点だけでなく日本人では大迫の次にポストプレーがうまい選手でもある。彼が欧州で価値を上げるほど、いやがおうにもファンから注目されるだろう。

 浅野拓磨に関してはサイドのマルチであることも含めて有力候補だが、現在は所属クラブが無い状況で、来シーズンのプレー環境が序列にも影響してくる。逆転の可能性があるとすれば前田大然だろう。ラージグループの筆頭にいると考えている。東京五輪でさらに存在価値を高めて欲しい一人だ。

 ただし、FWに関しては結果が占める割合が強く、U-24に選ばれている4人(前田、上田綺世、林大地、田川亨介)に限らず評価を一変させるチャンスがあるポジションだ。今回の合宿から外れたことで東京五輪が難しくなった選手たちも、最終予選での大逆転に向けて国内外でアピールしてもらいたい。
 
【関連記事】
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか
大迫勇也の台頭以前は本田抜擢の奇策も。日本代表の1トップ探しは常に最難関のテーマだからこそ…
「型にはめられている感覚がずっとあった」日本代表DF冨安健洋が明かしたイタリアでの苦悩の日々
致命的なデメリットはない!? “東京五輪中止”なら日本サッカー界にはどんな影響が?「真っ先に肩を落とすのは…」
「君の腹立たしいメッセージには…」吉田麻也を13歳年下の同僚が子ども扱い!? SNSでの“バトル”に反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ