OA枠は? 三笘の選出は? 五輪代表18人はこうなる! 現状のベストメンバーを考えると…

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年04月01日

まず失点しないことが最優先タスク

現時点で東京五輪代表のメンバー18人を選ぶと…。※赤字がオーバーエイジ

画像を見る

 東京五輪を戦うU-24代表は、3月26、29日に開催された強豪U-24アルゼンチン代表との2連戦を1勝1敗で終えた。初戦はシュート数では10対4と上回ったものの、21分にカウンターからあっさり失点を喫すると、試合巧者の南米王者のしたたかな試合運びにしてやられ、0-1で敗れた。

 3日後の再戦では、序盤から強度の高いプレーをし、前半終了間際に林大地(サガン鳥栖)のゴールで先制すると、後半にはともに久保建英(ヘタフェ)のCKから板倉滉(フローニンヘン)がヘッドで2点を奪い、3-0で見事にリベンジを果たしている。

 新たな収穫も課題もあった3月シリーズが終了したこのタイミングで、オーバーエイジも含めて五輪代表18人がどうなるかを考えてみたい。

【動画】林の鮮烈弾と板倉の2発で南米王者を撃破! アルゼンチン戦のハイライト
 
 まず、もともと得点力が高くないこのチームは、2019年11月に行なわれたコロンビアとの親善試合(0-2で敗北)に続いて、今回の初戦でも明らかになったように、先制点を奪われると途端に厳しい状況に陥ってしまう。守備を固められた時に、それをこじ開ける攻撃の迫力やアイデアが不足しているのだ。

 そのため、攻撃力を高めるのにオーバーエイジ枠を使いたいところだが、アルゼンチン戦を通して感じたのは、まず失点しないことが最優先タスクだということ。短期決戦であれば、なおさらそれが需要になる。その点を踏まえて、18人を考えてみた。

 システムはこのアルゼンチン戦で採用した4-2-3-1がベースとなるだろう。有力なウイングバック候補が見当たらない現状では、このチームが長く使ってきた3-4-2-1はオプション、主に守備を固めたい時にシフトする形になりそうだ。

 GKは、このチームで長く正守護神を務めてきた大迫敬介(サンフレッチェ広島)は決まり。もう一枠を争う谷晃生(湘南ベルマーレ)、沖悠哉(鹿島アントラーズ)、波多野豪(FC東京)は横一線でそれぞれ特徴も異なるが、大迫のバックアッパーと考えれば、他の2人よりも五輪代表での経験が豊富で計算が立つ谷で問題ないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ