日本のファンが見せたモンゴル代表への振る舞いに中国メディアが驚き!「意外なことに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月31日

記録的なゴールラッシュを浴びながらも…

モンゴル代表は一矢を報いようと最後まで戦う姿勢を見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部:JMPA代表撮影)

画像を見る

 3月30日、日本代表はカタール・ワールドカップ・アジア2次予選でモンゴル代表と戦い、14-0で圧勝した。大迫勇也のハットトリックなど怒涛のゴールラッシュで、W杯予選における日本の最多得点記録を大幅に更新している(これまでは10点)。

 話題となっているのが、モンゴル代表の戦いぶりだ。ホームゲームながら、新型コロナウイルスの影響によって日本で試合をすることになった彼らは、次々にゴールを許しながらも、最後まで戦い抜いた。その姿勢には、日本のファンからもSNS上などで称賛の声があがった。

 これに、驚きを隠せなかったのが中国メディア『PP体育』だ。「日本のファンがモンゴルに14ゴールで勝利した後、対戦相手を称賛した」と見出しをつけ、「14-0という記録的勝利を収めた日本代表おめでとう。そして大差で負けていても腐らずラフプレーをする事もなく最後まで挑み続けたモンゴル代表にも拍手を送りたい」という投稿を紹介。次のように綴っている。

【PHOTO】森保ジャパンがモンゴル相手に14発のゴールショー! 歴史的大勝を厳選フォトで!
「意外なことに、試合後、一部の日本のファンはソーシャルメディアで対戦相手を称賛した。14-0の記録的な勝利を収めた日本代表チームにおめでとうと言い、最後までファイトしたモンゴル代表には感謝の意を表わした」

 日本のファンの振る舞いは他国でも話題となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ